近江こだわり栽培米 榮米

カレンダー
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
最近の記事
過去の記事
榮米だより VOL.292.19.10.27

2019年11月13日

先日の台風19号は各地に甚大な被害を出しましたが、皆様ご無事でおられますでしょうか。榮農場では、なんとか台風前に今年の稲の刈り取りがすべて終わり、対策を整えてから台風を迎えたため無事にやり過ごすことができました。ニュースなどでは堤防の決壊により川の水が氾濫し農作物が水没してしまって収穫できないなどの報道もされており、同じ農家として心を痛めております。私どもの滋賀県には真ん中に琵琶湖という大きな湖がある関係上、流入する河川もたくさんあり、いつ水害が起こってもおかしくなく他人事と思ってはいけないなと改めて痛感しております。被災地の一刻も早い復興をお祈りいたします。

稲刈り体験
コンバイン操作体験

さて、10月は稲刈りのラストスパートとともに稲刈り体験なども行っておりました。去年の稲刈り体験は台風のため開催できず中止となったので今年こそはと思っておりましたが、当日は汗ばむくらいの晴天に恵まれて開催することができました。鎌を使って手で刈りとっていくだけでなく、コンバインの乗車などもやっていただき、普段は乗ることができない大型機械の運転の難しさや手刈りと比べての刈り取りの速さを体験していただきました。春の田植え体験とあわせて連続で参加してくれている方もおられ、楽しんでいただけているようで開催する側としても農業に関心を持っていただけることがうれしく、やりがいを感じています。こうして榮米の栽培の現場を見ていただくことで、もっと身近に榮米を感じていただければうれしく思います。

また、収穫したお米の穀物検査にて、取るのが難しい滋賀羽二重糯の1等を今年もいただくことができました。判定をいただいた時には検査所でざわめきが起こったほど1等米の基準を満たすことが難しく、品質の良いもち米の証明になります。栽培の苦労が報われたようでほっとしています。

滋賀羽二重糯 1等米

もちろんこのもち米を使ってお正月用のお餅や鏡餅などを今年も作っていきますので、お楽しみにお待ちいただければ幸いです。 秋も深まり、収穫を終えた田んぼでは日光で暖められた稲わらを布団にして猫が寝ていたりしています。これから気温が下がってくることが予想されますので、皆様お体にお気をつけてお過ごしください。

榮米だより VOL.291.19.9.29

2019年10月9日

稲刈り

今年の滋賀県の秋は比較的安定した気候に恵まれていますが、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。9月は3連休が2回あり、行楽の秋を満喫された方も多いのではないでしょうか。ただこの季節、忘れてはならないのが台風の存在ですね。まだ記憶に新しい昨年の台風21号は榮農場のビニールハウスを倒壊させました。そして今年の台風15号は強い勢力のまま関東地方に上陸し、各地で風速50m/s以上を記録して甚大な被害をもたらしましたね。千葉県では停電被害が長期にわたり、現在は大部分が復旧したと報道されてはいますが、今でも住民の方の無事を祈るばかりです。あまり知られてはいませんが、千葉県は農業産出額が北海道、鹿児島、茨城に次ぐ全国4位で、農業の大変盛んな県です。有名なものを挙げると、落花生や梨、枝豆なども全国1位の出荷量となっています。首都圏という立地と、温暖な気候で肥沃な土地というところがその理由ですが、我が滋賀県も関西の都市近郊にあり、お米作りに適した気候と潤沢な水で、ことお米作りにおいては自信と誇りを持っていますので、今回の千葉県で起きた災害はとても他所のこととは思えませんでした。被害にあった地域を応援しつつ、滋賀県自慢のお米づくりにも注力してゆきたいと思います。 榮農場の秋といえばもちろん収穫の秋ですね。秋雨はあっても続くことはなく、秋晴れが背中を押してくれているので、稲刈りと乾燥調製作業に追われる毎日を過ごしています。そんな中で、大変うれしいニュースが榮農場に届きました。毎年、榮米は米穀検査を受けているのですが、今年は春から初夏にかけての日照不足と台風10号の影響もあり、どの品種でも一等米が出にくくなっています。さらに「キヌヒカリ」という品種は高温障害に弱く、湿度が高いと収穫前に発芽してしまう「穂発芽」しやすいという弱点があるため、令和元年産のキヌヒカリはほとんど一等米が出ていなかったのですが、榮農場のキヌヒカリはコシヒカリに続き、一等米の名誉を獲得させて頂きました!右の写真の目玉のようなマークが一等米の証です!こだわり続けた独自の栽培法と理念が認められたようで、感極まる思いです。自慢のお米を皆様にお届けできることに感謝しながら、これに慢心することなく頑張ってゆきたいと思います。

キヌヒカリ 一等米
榮米だより VOL.290.19.8.25

2019年9月9日

台風で倒れた稲

今年も収穫の秋を迎え、稲刈りがはじまりました!

 といっても、お盆に日本を通過した台風10号の影響で収穫が近かった稲が風と雨で倒されてしまい、かつ8月第4週の天気予報が雨続きだったため、収穫にはまだ少し早いのですが雨が降り始める前に刈り取らざるを得なかったという状況での稲刈りスタートとなりました。

倒れた稲の刈り取り

 私たちがお米として食べている部分は本来稲という植物の種子ですので、条件がそろうと発芽し、成長していこうとします。今回のように台風などで茎が折れて倒れ、実が地面についてしまうと発芽を始めてしまい、人間が食べるには適さない状態になってしまいますので、それまでに刈り取る必要がありました。

また、雨の日などで稲が濡れているとコンバイン内部で脱穀ができず詰まってしまうため、稲刈り自体ができません。これらの理由でしっかりと熟しきっていないのは分かったうえで刈り取りを始めることになりました。

コンバインの整備

 しかし、今回倒れたのは収穫が近かった一部の田んぼにとどまり大部分は無事でしたので、これからも収穫適期を見ながら稲刈りをしていきたいと思います。今年も8月は晴れの日が続いて暑い夏となり、日光を十分受けて育ってくれていますので、おいしいお米を実らせてくれていると思います。猛暑を乗り切った稲に負けずにスタッフもがんばりたいと思います!  今年は予定外の稲刈り開始となりましたが、本格的な収穫スタートに向けて機械の整備、調整なども急ピッチで進めています。機械がトラブルを起こすとお米の品質にもかかわることがありますので、しっかりした機械整備もおいしいお米を作る一つの条件だと感じています。収穫の秋、令和の新米をご期待ください。

榮米だより VOL.289.19.7.28

2019年8月14日

7月は稲の管理で草刈りや肥料の散布などをがんばっている榮農場です。

7月の稲の状況
7月の稲の状況

6月末~7月の間は天候が梅雨の影響でぐずついた天気の日が多く、日照不足を心配しております。通常稲が成長する過程で根本近くから新しい茎が生えてくる分けつという現象が起きて一株20本程度の茎数になるのですが、今年は茎数が少なく感じ、背丈も例年より少し低く思います。やはり植物は天気の影響を目に見えて受けるなぁと改めて感じています。7月末、梅雨明けから気温もぐっと上がり日照時間も増えてくるようですので、そうなると稲はここぞとばかりに成長してきます。8月以降は大事な穂をつけてお米を実らせていく段階になりますので、天候と成長度合いを見守りながら農作業をしていきたいと思います。

岩手県 荒神神社
岩手県 荒神神社

田んぼの中にぽつんとお社がある写真は岩手県で行われた全国稲作経営者会議の研究会にて立ち寄り撮影した遠野市の荒神神社です。日本の原風景といった趣で初めて見ても既視感を覚えるような光景になっていて、日本の文化として信仰と稲作が共にあったんだなと今に伝えてくれているようです。

農業はこうした景観や地域性を守る役割も担っていて、高齢化が進み田畑を持っていても農作業をできる人が減っていっている現状、榮農場も農業の担い手として頑張っていかなければと感じております。

いちじくの誘引
いちじくの誘引

夏本番を迎え、青いいちじくの実がなり始めました。甘いいちじくの実を作るためには葉に日光をあてて光合成をさせることが大事なので、葉を均一に広げて日光をもらえない葉を減らすために茎を伸ばしたい方向に紐でしばって誘導しています。ハウス内は高温になるので、体調に気を付けながら作業しております。暑い日が続きますので、皆様もお気をつけてお過ごしください。

榮米だより VOL.288.19.6.30

2019年7月14日

今年の田植えも6月18日に無事植え終えることができました!これから収穫までも気を抜かずに育成作業を続けていきたいと思います!

田植え体験会
田植え体験会

さて、6月の榮農場ですが、田植えのラストスパートとともに中学校の職業体験や大学生の田植え体験なども同時に行っておりました。日常生活であるのが当たり前になっているお米ですが、こうして栽培するところに参加してもらうことで日本の文化として代々受け継いてきた稲作の技術の大切さやすごさなどを感じ取ってもらえたらなと思います。また、榮米を栽培している現場を見ていただける機会にもなっていて、榮農場にとっても良いイベントとなっていますので、これからもこういったイベント事を考えて開催していきたいと思います。

栗東広報誌6月号
栗東広報誌6月号

栗東の広報誌の6月号に栗東いちじくの生産者として中井栄緒を載せていただきました。去年は滋賀県果樹品評会で優良賞と知事特別賞をいただいたこともあり、ご注文の量が増え入荷待ちしていただくことも増えております。

また、レストランで実だけでなくいちじくの葉を料理の飾りつけに使っていただいたりするなど、少しずつ栗東いちじくが広まっていっている実感があります。

収穫は8月~10月ごろにかけて行いますので、この時期に栗東へお越しの際は道の駅やスーパーに並んだいちじくをお手に取って頂けると幸いです。

ジャンボにんにく一粒
ジャンボニンニク

野菜類ではジャンボにんにくや玉ねぎの収穫、先月植えたカボチャの栽培なども行っており、作業に忙しくしております。

今年のジャンボにんにくは粒が大きくて立派に育ち、良い出来になりました。手に持っているのが一片で、普通のにんにくの一房近くあります。カボチャも茎を一面に這わせて広がっていて、黄色い花を咲かせてくれています。 関西は梅雨入りが遅れていてこの夏の天候が心配ではありますが、作物にとってできるだけ良い環境を整えてあげられるよう作業していきたいと思います。

榮米だより VOL.287.19.5.26

2019年6月4日

2019田植え!

ゴールデンウィークの10連休も終わり、夏のような強い日差しの日もあって暑くなってまいりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

植えたての苗

田植え真っ最中の榮農場ですが、稲の苗もこの日差しを浴びて元気に育ってくれています。苗箱で育てている苗は早く植えろと言っているかのように背を伸ばしています。

例年、田植え直後は植え替えのダメージでいったん弱り数日間はふにゃっとした状態になるのですが、今年は気候のおかげか田植え直後からシャキっと立ってしっかりとした姿を見せてくれており、根が張るのも早いようです。養分を吸収するだけでなく、葉茎を支えるなど根は大事な役割をしていますので、根張りがよいというのは見ていて心強く、これからの成長を期待させてくれます。6月以降どんどん背丈を伸ばして大きくなっていきますので、おいしいお米を実らせてくれるよう栽培の作業をがんばっていきたいと思います。

かぼちゃの植え付け

今年は栗東市の栗の字と栗のような甘さを持つというところから名づけられた栗かぼちゃの苗を少しですが植え付けてみました。数年前に植えたことがあったのですが、その時は稲の田んぼを転用したために土が合わなかったようでうまく育ちませんでした。リベンジで今年こそは収穫できるようにしていきたいと思います。 現在栗かぼちゃを使ってかぼちゃ焼酎を作っておられる所もあり、うまく育てられるようになるとそういった加工品も視野に入ってきますので、農業の幅を広げる事にもつながってきます。そうした意味でもおいしく安定して収穫できる栽培の技術を磨いていきたいと考えております。

榮米だより VOL.286.19.4.28

2019年5月4日

稲の苗

平成から令和へとバトンが渡る記念すべき年の米作りが始まりました!現在苗を育てる箱に種をまき、芽が出て5cmくらいの背丈に育ったところですが、日に日に背を伸ばし、緑色を濃くしていっています。

写真のビニールハウスの中に奥まで約1500箱ほどが並んでいて、それが3棟あるので現在4500箱ほどの育成をしており、水やりをしながら管理しています。

 苗は榮農場で田植えに使うものの他に苗単体でも販売していて、おもにゴールデンウィークに買いに来られて田植えされていきます。苗が悪いとその後の育成にも響いてくるので、毎年安定して良い苗をつくり続けることが販売する上で大切になりますが、ありがたいことに榮農場の苗は評判もよく、毎年多くのお客様に買いにきていただいております。

トラクター作業風景

田んぼでも田植えの前段階としてトラクターで土を耕す作業をしております。

この作業には土を細かく砕いて植えるのに適した土質にすることや、雑草などをすき込んで抑えるといった狙いがあり、耕す深さや速度、田んぼの状況などを考えながら作業しています。

細くなった爪

 また、土を耕している刃の部分は5mmほどの厚みがある鉄でできていますが、耕す田んぼの枚数が大変多いため、擦れて摩耗し、薄く鋭くなってしまいます。刃の先端が尖ってしまうと土を反す能力が下がってしまうため、定期的に交換が必要です。一般の農家さんでは3年に一度交換すれば多い方ですが、榮農場では1年に1度もしくは半年に1度交換しています。少しもったいない気もしますが、文字通りの消耗品であり、小さくなってしまうのは仕事をしてきた証だと誇らしく思いながらこれからも頑張ってまいります。

榮米だより VOL.285.19.3.31

2019年4月4日

桜の開花も始まり、春の陽気が感じられるようになりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

色彩選別機

 榮農場では田植えに向けた作業を進める中、精米ラインに新しい色彩選別機を設置いたしました!こちらはお米を中にあるセンサーで判別して黒い斑点のあるお米や石、雑草の種などの異物、透明なガラスなども取り除いてくれるという優れものです。

今までも色彩選別機は使用していたのですが、古い機械のため取りこぼしやごく小さな異物は取り除けないことがあり、最終的に袋詰めの段階で細心の注意を払いながらお米を袋に入れておりました。今回導入したものは最新型で性能が良くなり、選別精度が格段に高くなりました。

榮農場では、榮米の栽培に殺虫剤を使用していないため、どうしてもお米に黒い斑点を作る害虫を排除しきれず残ることがありました。去年のような猛暑で虫がわきやすい気候になってしまうと特に多くなり、対処に困ることがありましたが、これでかなり改善することができました。お米の黒い斑点といっても食べて害があるわけではないのですが、見た目の問題から殺虫剤を使用することがまだまだ一般的です。農薬を使用するのは簡単ですが、榮農場ではこうしたできるだけ農薬に頼らずおいしいお米をお届けする方法を常日頃から考えていきたいと思っています。

ビニールハウス張り

 冬の間に骨組みを直していたビニールハウスですが、無事ビニール張りも完了し、使える状態になりました!ビニールは一枚もののため、風がある日にはあおられて張ることができず、また少しずつ張っていくということができないので風のない日を狙って一気に作業を進めていきました。  このビニールハウスで稲の苗の育成をするので、それまでに直すことができてほっとしています。今年度の新元号初の榮米の栽培をがんばりたいと思います!

榮米だより VOL.284.19.2.24

2019年3月12日

梅の花も咲き始め、少しずつ春の気配を感じるようになってまいりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?榮農場では、田植えに向けての準備作業がはじまっております。

種子選別中~

 写真は今年育てる稲の種子の選別作業をしているところで、緑色の機械の中に送風機があり、風圧によって実が詰まった重い良い種と軽い種やもみ殻などのごみとを分別します。

選別した種もみ

これとは別に、稲刈りのときのコンバインの中にもこれと同じ機構が組み込まれており、また種まきの前になるとさらに別の塩水選という選別も行い、そうして選び抜いた種子だけを種まきに使用して榮米として育てていきます。去年の酷暑を耐え抜いたうえで選別された種ですので、今年の秋にはおいしいお米を実らせてくれるものと思います。そのために私たちも稲が育ちやすい環境を整えられるよう頑張りたいと思います。

 例年参加させていただいている農業者と企業を結ぶ商談会、アグリフードEXPOに今年も行ってまいりました。

商談がメインのイベントですが、普段は栽培の作業に追われていて作る事ばかりに意識が向いてしまいやすい中こうして商品買い付けなどのバイヤーさんとお話しすることで市場で求められていることや栽培する意味などを感じられ、とてもよい機会にもなっています。

 またより多くのお客様に近江米、榮米の良さを知ってもらいお届けできるよういろいろなイベントにも参加していきたいと思います。

榮米だより VOL.283.19.1.27

2019年2月8日

 新しい年を迎え、気持ちも新たに農作業に当たっているところの榮農場です。

 去年は梅雨時期の大雨、真夏の酷暑、秋口の台風、また地震など自然災害が多く、今年はそうした災害が少ない年であってほしいと祈るばかりです。

さて、榮農場でも、去年の台風21号で被害をうけましたビニールハウスの修理をこの冬のうちに直すべく動いております。ビニールハウスの骨組みから大きく曲げられてしまっていたため修理も大変ですが、修理業者に頼ることなくスタッフの力で少しずつ直しております。

自前で修理をしているのはコストダウンの面もあるのですが、先の台風でのビニールハウスの被害を受けた農家が県内でも非常に多く、台風から3か月以上たった今でも業者さんは修理に追われていて手が回らないといった状況にあるためでもあります。実際各地で見かけるビニールハウスで台風後無事なものをほとんど見ないほどの被害でしたので、復旧が大変だと思ったと同時に自然災害の恐ろしさをあらためて実感した台風でした。

ビニールハウスの修理
ビニールハウスの修理

最近、巷で話題の「ロボットトラクター」というものをご存知でしょうか。ドラマ下町ロケットで取り上げられ、少し有名になりました。それを受け、今まで農業に興味がなかった方にとっては農業の技術革新も進んでいるなという印象を与えたようですが、現場の私たちからすると、まだまだ農機メーカーによるデモンストレーションの域を超えないように感じます。自動運転技術の開発が進むことについては応援していますが、実際に運用する際は誰かが見守っていなければならないなどの制約もあり、生産コストが下がるとは言えないからです。ただ今後、本当に技術が進歩して農作業の多くが自動化することにより、我々農家が重労働から解放されたり事故が無くなるかもしれませんね。

A.M.Aファミリーズ榮農場 滋賀県栗東市蜂屋720-2 電話番号:077-552-0353 FAX番号:077-552-0387