近江こだわり栽培米 榮米

榮米だより VOL.275.18.5.27

2018年6月2日

新緑があざやかな季節となり、汗ばむような日もある暑さになってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
榮農場では5月中は天候も安定していて、順調に田植えを進めることができています。ビニールハウスいっぱいに敷き詰めていた稲の苗もどんどん持ちだされて田んぼに植えかえられ、ハウスの中はがらんとしてきました。

晴天の田植え

晴天の田植え


連日田んぼを耕し、水を入れ、代掻きをして田植えと休む間もなく作業が続きますが、稲も植えるのに適正な時期がありますので、その時を逃さないよう分担して植え進めていっております。毎年恒例ですが、今年は去る5月7日に地元の小学校の学習田の田植え体験のお手伝いをさせていただきました。小学5年生を対象にしたもので、田植えに始まって秋の収穫までを体験していただきます。昔と違い、田植え作業はおろか、田んぼに入ったこともない子どもたちが大半を占め、引率の先生方の中にも田植えをするのは初めてだという方もおられました。こういった活動で、子どもたちへの食育というのはかなり一般的になってきていますが、その先生のような方や親御さん等の大人の方にも田植えを体験していただき、少しでも農業を身近に感じていただく機会を作っていけたら、と思っています。
そしていざ作業開始という時に、お米の苗と植え方の説明をしていた時は静かに私の話を聞いていた子ども達だったのですが、裸足で田んぼに入る際には学校のプール開きのようなテンションになりワイワイキャーキャーと騒がしくなり、子ども達の屈託のない笑顔があふれ、私たちも自然と笑みがこぼれました。
5月31日より七十二候の一つ、麦秋至(むぎのときいたる)に入ります。秋とつきますが、この秋は収穫期を表す秋で麦が熟してくることを意味しているそうです。

熟してきた麦

熟してきた麦


季語の通り少し前までは緑色をしていた麦もだんだんと黄金色になり、青空とのコントラストが映えるようになってきました。6月の後半には収穫を始める予定ですが、そのころには少し残っている緑色も落ちて金色という表現がぴったりの色に染まっていきます。また、そんな麦と同じように夏に近づくにつれ、榮農場のスタッフの肌色もどんどんと小麦色になってきていて、晴れた日は日中の作業も暑さや日差し対策が必要になってきました。ただ、麦の収穫作業は梅雨の時期と重なるため天気との戦いになることが多く、雨の日は当然刈り取りができなくなるのですが、無事冬を乗り越えて育った麦を大事に収穫していきたいと思います。

榮米だより VOL.274.18.4.29

2018年5月2日

 春の恒例行事、田植えの季節がやってまいりました!
 今年の田植えは4月27日より始まり、6月中頃まで続きます。
 今年の春は気温が高く、日光を浴びて苗もよく育ってくれていて、近隣の農家の方からも茎が太く良い苗だとお褒めの言葉をいただきました。また、稲が育ちやすいのと同じく雑草も育ちやすい天候が続いていますので、田植え後の管理も気をつけて育てていきたいと思います。

18年田植え開始

18年田植え開始


 田植えの風景といえば、平安時代に源経信によって詠まれた和歌に
「早苗とる 山田のかけひ もりにけり 引くしめなはに 露ぞこぼるる」
という歌があります。歌人として有名な源経信は田園風景を好んでよく歌にしていたようです。この時代の公家は皆、滋賀県に別荘を持っていたようで、この源経信も滋賀県の田んぼを見ながら詠んだと言われています。「かけひ」とは田んぼに水を引く水路のことで「しめなは」は文字通り神事で使う「しめ縄」です。気の遠くなるほど遠い時代から、人と田んぼと神事は深い関係がありました。滋賀県からほど近い、京都の伏見稲荷大社で田植えの時期に神前に供える米の苗を植える、その年の五穀豊穣を祈る「田植祭」が今もなお残っています。その祭りでは早乙女と呼ばれる女性たちが田植えをするのですが、榮農場でも主に田植え機を運転して植えてくれるのは女性です。男たちは苗を運んだり、水路を掘ったり、もっと大きなトラクターに乗ったりしています。実際、田植え作業は力はあまり必要ないのですが、等間隔に植える器用さと、果てしない単純作業をする上での精神力はやはり昔から女性の方が優れていたのではないかと思っています。手で植えていた時代から時が流れて機械で植える時代になっても同じなのかなと、大昔との妙な共通点を見つけてしまって私も一句詠めそうな気がしています(笑)。
そして下の写真は、田植え前に田んぼの土を水平にする「代掻き」という作業の風景です。日の入りが遅くなって、一日の作業時間も長くなってきましたが、夕暮れ時はうす暗くトラクターのライトを点けて作業をしています。安全第一で確実に日々の作業をこなし、美味しいお米を皆様にお届けできるよう努めてまいります。
夕暮れの田んぼ

夕暮れの田んぼ

榮米だより VOL.273.18.3.25

2018年4月2日

 日中は暖かく、春の陽気を感じられる季節になってまいりましたが、皆様いかがおすごしでしょうか。榮農場では春ということで稲作の季節が始まり、田植えに向けて準備を始めました。
 まずは良い苗を作るための種子の選別から始めています。芽を出してしっかり育ってくれる苗を作るためには、中身の詰まった良い種を選別する必要があるのですが、見た目で判別はできないため、種を塩水に浸け沈んだ重い種のみを使用することで良い種を選びだすという方法です。
 この塩水選によって選抜された種がお米を実らせてくれるわけですので、おいしいお米作りには非常に大事な作業の一つです。

18年塩水選

18年塩水選

 塩水選のあと、60度のお湯に浸ける「温湯消毒」という作業を行います。稲も生き物ですので、いもち病、立枯病などの病気になる可能性があり、それらの原因菌を殺菌するために行います。
 そして、例年はこの温湯消毒のみで殺菌していたのですが、去年は病気になった苗が比較的多く、そのため今年は新しい対策を講じました。
タフブロックという商品で、農薬指定を受けているため農薬の分類にはなるのですが、成分は薬品ではなく、微生物の力を借りて殺菌するという自然環境や体にやさしいものになっています。温湯消毒とこの微生物の力で病気のない元気な苗に育ってほしく思います。

18年温湯消毒

18年温湯消毒

 こうした種子の段階の作業は効果が目に見えず、また1年に1度きりで失敗が許されない農業という性格上、まだまだ今までの実績がある殺菌剤などの農薬を使用する農家さんも多いのですが、榮農場では安心して食べられるお米を目指して新しい方法にもチャレンジしていきたいと思っております。

冬の間雪に耐え忍んでいた麦も背丈が伸び、青々と元気に育ってきました。昔から三寒四温とはよく言ったもので春の陽気と冬に立ち返ったような肌寒さが交互に来るような今日このごろですが、桜の開花宣言も全国的に出されるなど春を実感するようになってきました。

背が伸びてきた麦

背が伸びてきた麦


 
上記の種子の準備作業の他にトラクター作業や田んぼの水の出入口の整備など、田植えまでにやることはたくさんありますが一つずつ着実に、また安全に進めていきたいと思います。

榮米だより VOL.272.18.2.25

2018年3月12日

今年は北陸地方で大雪となるなど本当に寒い冬となりましたが、みなさま体調など崩されておられませんでしょうか?榮農場のある栗東市では、雪は大丈夫でしたが朝方は強く冷え込み、田んぼの土や水たまりがしっかり凍結しています。暖房が恋しい2月でしたが、寒気に負けずがんばっておりました。
新しくもち米の粉を使ったワッフルを作ろうかということで、パッケージのデザインを製作していました。こういったものも手作りで作ることが多く、あれこれ試行錯誤しながらやっております。
パッケージデザインは売る側としてはどうやったら売れるかばかりを考えてしまいがちになるので、独りよがりなデザインにならないよう買う人の事を考えて作らないといけないというアドバイスをいただいたので、今回はその点を重視して作っていました。

ワッフルパッケージ加工前

ワッフルパッケージ加工前


ワッフルパッケージシール

ワッフルパッケージシール


絵が得意な榮農場スタッフが色鉛筆で原案を描き、パソコンで取りこんで手描き感を残すようにして仕上げてみました。手にとっていただいた方が家族や友人などと一緒に食べ、ひとときの幸せを感じていただけるのを願って作りました。

また、こうした方が良いなどのご意見などありましたら、ぜひお聞かせいただけるとありがたく思います。

2月21、22日と、アグリフードEXPO大阪2018に参加しました。日本中の農産物やその加工品が一堂に会する西日本最大級の展示商談会です。今年で第11回目を迎え、榮農場は第一回から参加させていただいておりますが、その頃とは出展数が数十倍になっており、来場者数は年々増え続けています。農業の先行きはどこか暗いニュースが多いですが、この展示会に参加すると、日本の農業を良くしたいという想いで、日本中の同志達がそれぞれの地域で頑張っているんだなぁと毎年実感することができます。榮農場は第一回から一貫してこだわりぬいたお米とその加工品を持って参加しています。毎年続々と新しい野菜や珍しい加工品が増えては消えてゆきますが、本当に良いものはどれだけ生活の様式が変わっても廃れません。お米の消費量が減ってきている今だからこそ、求められるお客様に自慢のお米をお届けするべく、今後も精進してまいります!

アグリフード2018

アグリフード2018


今月はもう一つ良いニュースがあります!2月17日に榮農場のスタッフである栄緒くんの第一子が生まれました。元気な男の子で、名前を「栄彌(さくや)」と申します。名前の由来ですが、有名ではないものの、彌榮(いやさか)という熟語があり、ますます栄えるという意味です。また、読み方は古今和歌集の「難波津の歌」の『~さくやこの花~』を連想します。厳しい冬を越え、春となって花が咲いたという歌ですが、榮農場では春の到来より一足早く笑顔の花が咲いてくれました。

榮米だより VOL.271.18.1.28

2018年2月12日

記録的寒波に襲われ各地で大雪・交通の乱れが報道されている1月でしたが、みなさま体調など崩されておりませんでしょうか。
私どもの栗東市はさほど積雪はありませんでしたが強い寒気で路面凍結などがみられ、怖い思いをしました。お米の配達で車を走らせる事も多いので、安全な運転に気を使ったり、渋滞に巻き込まれたりと大変ですが、事故などないよう気をつけていきたいと思います。

強い寒気が続きます

強い寒気が続きます

秋に種をまき6月ごろ収穫をする小麦は一般的に寒さに強く、冬の間も緑色をした葉っぱを伸ばして力強く育ってくれています。麦といえば、連続テレビ小説「マッサン」の主題歌でもあった中島みゆきさんの「麦の唄」にこんな歌詞があります。
「嵐吹く大地も 嵐吹く時代も 日差しを見上げるように あなたを見つめたい(中略)麦は泣き 麦は咲き 明日へ育ってゆく」
中島さんはこの曲を、全ての日本人へのエールとして作成したと聞きました。どのような苦境であっても強く生き、時には涙を流すこともあれば、笑顔が咲く日がきっと来る。極寒の中でも強く生きる麦の姿は、春から秋までの米とはまた違った風情を私たちに見せてくれているようです。

寒さに耐える麦

寒さに耐える麦

去る1月23日に、榮農場で一緒に頑張っている栄緒(まお)くんが近畿地区JA青年大会の「青年の主張」に滋賀県代表として出場しました。少しでも農家を取り巻く環境を良くしたいとの思いから、昨今のファーストフードやコンビニ弁当などで若者の食への意識と関心が低いことを問題視し、全国で行われている子どもたちへの食育と並行して、これから子どもを育ててゆく大人たちへの食育が必要であると主張されました。我々農家が生産した作物の多くは輸送業、販売業を経て消費者の元に届きますが、そのシステムのおかげで広く、多くの方に届けられる反面、農家の考え方や努力は消費者に伝わりづらいのが現状です。どれだけ良いものを作っても販売店で価格競争に引っ張られてしまうのは仕方のないことかもしれませんが、まずは消費者の方に農家の努力と苦悩を知っていただきたい。理解ある方々も多くおられますが、若者の意識を変えるには、農家自身が大人への食育を進めてゆき、農家が日本を変えてゆきましょうという主張でした。惜しくも全国大会への出場はなりませんでしたが、近畿地区の農家の皆さんには伝えられたのではないかと思います。

榮米だより VOL.270.17.12.31

2018年1月12日

寒さもいっそう厳しくなり、コタツとお鍋などのあたたかいものが恋しく感じられる日々ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。榮農場の12月は豆刈り、お餅つきと大忙しとなっております。
今年は9月に大型の台風が滋賀県を襲い、10月には連日雨が続いたので大豆が根を張る前に強風と雨に煽られて、倒伏してしまった田んぼが多くあります。稲と同じように、大豆も一度倒れてしまうと自力で立ち上がることはなく、コンバインでの刈り取り作業が大変難しくなり、それに加えて大豆が自ら地面に覆いかぶさってしまうので、水分の蒸発量が減り、より環境が悪化してしまう悪循環となってしまうのです。そのため例年のような収穫量が見込めず、困っている営農組織も多いです。刈り取り作業を請け負っている私たち榮農場は一粒でも多く収穫したいのですが、天候によって状況がガラッと変わってしまう農業の怖さを目の当たりにしているところです。丁寧に、そして年内に作業を完了したいのでできる限り迅速に作業を進めてゆきます。これから年が明け、お正月にはおせち料理などで豆を食べる機会が増えると思いますが、口に運ぶ一粒一粒にそういったストーリーがあることを想っていただけましたら我々農家のやりがいに繋がってゆきますので、お箸を休めながら食べていただけると嬉しい限りです。

29年度大豆刈り

29年度大豆刈り

榮農場のもち工房・榮劫菴はお正月に向けた榮もちの生産でフル稼働中です!全国的にお餅の消費量はかなり落ち込んできていますが、榮劫菴の榮もちはおかげさまで毎年多くのお客様に喜んでいただいております。原料となる滋賀羽二重糯というもち米は、栽培が難しいため生産量も少なく、ほとんど県外には出回らないため幻のもち米と呼ばれています。さらに等級の高い滋賀羽二重糯は非常にめずらしく県内全体で見ても一等は本当に稀少なのですが、榮農場のものはなんと去年に引き続き2年連続で一等を取りました!そのこともあって餅つきにもますます力が入り、皆様に新年をおいしいお餅で迎えていただけるよう、大晦日まで休むことなく頑張ってゆきます!

29年度もちつき

29年度もちつき


皆様のおかげをもちまして2017年も大きな事故もなく榮農場自慢の農産物やもちなどの加工品を皆様にお届けすることができました。そして現在、榮米の米粉を使用したワッフルを開発中です。生地に栗東いちじくのドライフルーツを混ぜ込んだりして、新しく皆様に愛される商品となるよう製品化を目指しているところです。今後の榮米だよりにてご報告させていただきますので、ご期待いただけましたらと思います!

榮米だより VOL.269.17.11.26

2017年11月27日

気温が一段と低くなり、冬がやってきたんだなと実感するようになりました。植物も季節の変化を感じているようで、大豆の葉は枯れ落ちて、さやと茎も茶色くなってまいりました。大豆の収穫はこうして成長が止まった後、枯れてから収穫を始めますので、まさに今収穫を待っているというところです。コンバインを使って刈りすすめていくのですが、大豆から枯れ落ちた葉っぱなどのごみに邪魔をされることや、大豆の実が低いところになる事、茎がまっすぐ立っていないことが多いなどの理由で、水稲のコンバイン操作よりも一段難しく慎重な作業を要求されます。12月のほぼ1カ月間収穫が続きますので、なかなか気が休まらない作業ですが事故などないように進めたいと思います。

収穫前の大豆

収穫前の大豆

 冬野菜ではブロッコリーや白菜も収穫の時期がやってきました。ブロッコリーは順調に育ち、ゴロゴロと大きい株が収穫できています。
 白菜は秋の間に葉を大きく広げ、葉が立ちあがり丸い白菜のかたちに育ってきました。固くしっかりと締まっている白菜がおいしい白菜の見分け方なので、お買い物のときに参考にしてもらえると幸いです。白菜ももう少ししたら収穫を始められるかなといったところです。冬のあたたかい食卓に並ぶおいしい野菜を出荷していきたいと思います。

とれたてブロッコリー

とれたてブロッコリー


 
年末も近づいてきて、今年もおもちの季節がやってまいりました!世間では12月はクリスマス一色になりますが榮農場では例年餅つきで大忙しとなっております。
もち工房榮劫菴ができて7年目になりますが、毎年ご愛顧いただいているお客さまが多く、本当にありがたく思っております。使用しているもち米も2年連続貴重な1等を取ることができ、おいしい榮もちをお届けしよいお正月を迎えられるよう榮農場一丸となってがんばっております。
榮もち 今年も頑張ります

榮もち 今年も頑張ります


関西では丸もちが主流ですが、角もちもお作りしておりますのでお電話、FAXでお問い合わせいただければ幸いです。
冷え込みが厳しく、コタツが恋しい季節になりました。皆様も体調を崩されぬようお過ごしください。

榮米だより VOL.268.17.10.29

2017年11月17日

今年の稲刈りもおかげさまをもちまして無事に終了し、全品種新米を出せるようになりました!今年は10月半ばに天気予報で雨の予報が出ていたため、その前に急いで収穫を終えましたが、結果的にこれが大成功で、降りだして以降連日の雨、そのまま続けて台風21号の襲来と収穫が終わっていなかったらと思うとぞっとするような天気が続きました。刈り終われずに残ってしまうと台風の雨風による倒伏やそのまま芽が出て食用に適さないものになってしまうこともあり、収穫の適期より少し早い品種もあったものの、この雨の前に終わることができて本当によかったと思いました。
 また、台風21号では滋賀県内各地でビニールハウスの破損などの被害を聞いており、琵琶湖の水位も+63cmまで行ったようで、あらためて自然災害の恐ろしさを感じました。また10月末に台風21号と同じようなルートの予想がされている22号が近づいていますので、気をつけて作業をしたいと思います。皆様におかれましても安全にはお気をつけてお過ごしいただけたらと思います。

秋はイベントなどにもよく参加しております。写真は栗東市農協運営の直売所「田舎の元気や」の秋祭りで巨大パエリアを販売しているところです。栗東市農協のマスコットキャラクターくりちゃんも応援に来てくれました。また、こうした機会があればどんどん榮米のおいしさをアピールしていきたいと思います。

巨大パエリアとくりちゃん

巨大パエリアとくりちゃん

10月29日に滋賀県の情報発信拠点として東京都中央区日本橋2-7-1に「ここ滋賀」がオープンされます。滋賀の魅力をさまざまな角度からお伝えするイベントや、特産品・伝統工芸品などの販売、各蔵元の地酒が味わえる地酒バー、「近江牛と発酵」をテーマに滋賀の食材をふんだんに使ったレストランなど、滋賀を全身で体感していただける場となっております。 ちなみに榮農場のお米やポン菓子、おかきや年末にはお餅の販売もしていただいておりますので、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りいただければと思います。
http://cocoshiga.jp/

榮米だより VOL.267.17.9.24

2017年10月25日

日中の暑さも次第に和らぎ、だんだんと過ごしやすくなってまいりました。夜には鈴虫の音が聴こえ、朝は肌寒く感じることもありますが、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。榮農場では依然稲刈り作業がピークです。しかしながら秋の長雨とも言われますので、不安定な気候の中で晴れ間を見つけてはバタバタと収穫作業を進めています。
秋は荒れる天候に悩まされる季節でもあり、今年も9月中頃に大型の台風18号が日本列島を襲いましたね。榮農場では台風が接近すると、育苗ハウスや資材ハウス、いちじくハウス等の強風対策に追われます。ハウスのビニールを抑えつける紐をきつくしたり、ドアに杭を打ったりして凌ぎますが、今回は資材ハウスの強化ビニールが風でめくれあがりました。ビニール自体が重く、耐用年数も長いビニールですが、経年劣化によってどこからか破れ、強風に煽られて中の骨組みが露わになってしまいました。資材ハウスはその季節に使わない機械や資材を置いておくところで、現在は田植え機や肥料などを格納していました。稲刈りが終わり次第、修復してゆきたいと思っています。

破れたビニールハウス

破れたビニールハウス


稲作にとって台風の襲来は湿気や稲の倒伏、先に挙げたビニールハウスの被害などで大打撃となるのですが、キャベツや白菜等の秋冬野菜にとっては悪いことばかりではありません。局地的に大量の雨が降る集中豪雨でなければ恵みの雨になりますし、風の強い日は蝶などの葉を食い荒らす害虫の活動が少なくなり、アオムシやその他の害虫が減ります。そのため、農薬に頼らなくてもよい栽培ができることもあるのです。
今年は8月25日に秋冬野菜を定植したのですが、8月末から9月上旬にかけてこれでもかと快晴が続き、枯らさないようにするのがやっとの状況でした。定期的に雨が降るようになってからは水管理は重要ではありませんが、葉が大きくなると今度は害虫対策が必要です。榮農場のキャベツ、白菜、ブロッコリーは害虫の被害はもちろんありますが、風の強い日に助けられながら、虫なんかに負けるかとぐんぐん成長しています。この調子でいけば、11月末には美味しい野菜が食べられるのではないかと楽しみにしている毎日です。
白菜元気に育ってます

白菜元気に育ってます


ブロッコリー栽培中

ブロッコリー栽培中


良いこともあれば悪いこともあり、一筋縄ではいかない農作業ですが、自然と調和しながら恵みを受け取るという考え方のもと、今年も収穫期を乗り越え、美味しいお米や野菜を皆様にお届けできるよう日々邁進してまいります。

榮米だより VOL.266.17.8.27

2017年9月16日

連日うだるような暑さが続き、真夏日・猛暑日が日本中で観測され、まさに夏真っ盛りな8月ですが、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
榮農場では8月24日に稲刈りがスタートし、例年より少し早い収穫期となっています。去る8月7日に台風5号が日本列島を席巻し、滋賀県でも多くの被害が報告されました。榮農場でも、数枚の田んぼで稲が倒れました。収穫までの間、順調に育ってくれるか心配でしたが、無事に刈り取ることができています。

2017年稲刈り開始

2017年稲刈り開始


稲刈りと言えば、百人一首の天智天皇の有名な一句で「秋の田の 仮庵の庵の 苫をあらみ わが衣手は 露にぬれつつ」にあるように秋の風物詩としてのイメージがありますが、4月下旬に植え付けた榮農場のコシヒカリは既にこれでもかと穂をつけて垂れ下がり、収穫されるのを待っているかのようです。古来から日本の夏から秋にかけての豊穣の象徴はお米でした。我々日本人がこれまで脈々と繋いできた何千年もの歴史に思いを馳せながら、額の汗をぬぐいつつ、皆様により美味しいお米をお届けできるよう、日々精進しております。
刈り取ったお米は乾燥調製を行い、品種等の検査を経て、全国へ発送いたします。今年の新米も楽しみにしていて下さいね。
7月下旬から収穫し始めたいちじくが、最盛期を迎えております!滋賀県栗東市のいちじくといえば、県下では有数の産地であり、特産物にも指定されています。赤々と熟したいちじくは糖度が高いにも関わらずどこか素朴な味わいで、この季節は直売所等で大人気となっています。
いちじく

いちじく


今年で栽培5年目となるいちじくは年々収穫量が増え、市場を通して県内のみならず大阪のスーパーにも並ぶようになりました。しかしながら、いちじくはその実のデリケートさから輸送に不向きであり、遠方への輸送に耐えるためにわざとまだ少し青い実を収穫しています。そのため直売所などで売られているいちじくよりも食味が若干落ちるのです。榮農場では、少しでも多くのお客様に自慢の完熟いちじくをお届けできるよう、ドライフルーツにして販売しています。24時間かけてじっくり乾燥するドライフルーツは水分だけを飛ばすことで栄養素や糖度はそのままに保存性を高めています。この機会に、ぜひご賞味いただけたらと思います。
hug

hug

A.M.Aファミリーズ榮農場 滋賀県栗東市蜂屋720-2 電話番号:077-552-0353 FAX番号:077-552-0387