近江こだわり栽培米 榮米

カレンダー
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の記事
過去の記事
榮米だより VOL.314.21.8.29

2021年9月3日

8月上旬の夏らしい日差しと暑さから一転、お盆期間は日本各地で大雨に見舞われ、被害が心配な状況となっておりますが皆様お元気でお過ごしでしょうか?滋賀でも交通の要になっている国道1号線の京都との県境付近で土砂崩れがおき全面通行止めになるなどの事態になっており、降り続いた雨の被害が出ておりました。

二重の虹

そんな大雨の時には、田んぼは水を一時的に貯めておけるダムとして働いていて、水害の防止に役立っています。計算では、田んぼに貯められる貯水量はダムが貯めておけるそれと比べて3.4倍にもなるのだそうです。滋賀県では中心に琵琶湖があり、そこに東西南北から川が流れ込んでいるため、歴史的に水害が多く発生していたようです。栗東市内の東海道は当初野洲川に沿って作られていたものが1682年の大洪水で道路が流されてしまい、山側を迂回するルートに変わったという経緯があり、治水は重要な事案だったのだと考えさせられます。滋賀県は他府県と比べて田畑で栽培する農作物のうち水稲が占める割合が多いのですが、この辺のことも理由の一つなのかもしれません。それにしても、被害がでるような大きな異常気象が起きないことを祈るばかりです。

8月末の現在、稲刈りを開始する直前といった状況なのですが、稲のほうもこの長雨の影響を心配しております。日照時間と気温が低かったため生育が遅れ気味になっており、また田んぼがぬかるんでいるのでコンバインが入れる程度まで乾くのに時間がかかりそうな状況です。長かった梅雨やお盆の長雨に負けず今年も無事に育ってくれた稲を最適な状態で収穫できるよう準備を進めていきたいと思います。

令和3年度稲

コシヒカリ、キヌヒカリや最近人気でご好評をいただいているミルキークイーンといった生育の早い早稲品種から稲刈りを始め、収穫の適期をみながら稲刈りを進めていきますので、今年の新米を楽しみにお待ちいただければ幸いです。 9月は残暑が厳しいとの天気予報が出ておりますので、皆様もお体にお気をつけてお過ごしください。

榮米だより VOL.313.21.7.25

2021年8月3日

長かった梅雨から一転して強い日差しが降り注ぎ連日の猛暑となっておりますが、みなさまお元気でお過ごしでしょうか?

稲とドクターイエロー

 今年は梅雨が長く、毎日のように雨が降っていて日照不足を心配していましたので、晴れることで人間には厳しい暑さになってしまっていますが稲にとっては良いことでもあります。

 稲は光合成によって糖を作り穂に蓄えていき、それがお米になりますので甘みのあるおいしいお米を作るためには日光が葉にあたることがとても重要です。そこで榮米では稲の株と株の間を広くとることによって、葉同士が重なって陰になりづらく、一枚一枚にしっかりと日光があたるようにして光合成が効率よく行えるような栽培方法をとっています。

 また、この時期の稲は茎の内部で小さい穂を作り始めており、栄養分を必要とするため穂肥といわれる肥料をまいていきます。こちらも榮米の栽培方法で特徴的な事として、一般的に化学肥料が使われるところですが、榮米では鶏ふん、油かすなどの有機肥料を使用しています。

穂肥まき中

 化学肥料だと成分が凝縮されているので、まく量が少なくてすみ作業的に負担が少なく、また年々肥料価格が上がっているとはいえ有機肥料に比べると肥料代も安くすみます。さらには有機肥料は植物が直接吸収できるものではないので、まいてから微生物によって分解されて初めて作物が利用できる成分になるという手間があり、有機肥料の使用タイミングや使用量の判断がむずかしく経験が必要になってきます。

それでも榮農場が有機肥料にこだわり続けているのは、田んぼの土が米作りにもっとも大切だと考えているためです。有機肥料はそれをエサとする微生物を活性化させ、生きた土になって今年だけではなく来年以降も健康な稲とおいしいお米を作る基盤になってくれますので、田んぼの生態系と環境を守りながら米作りを続けていくことができます。農業は特に自然環境と関係が深い仕事ですので、これからも自然と共存できるような方法を模索していきたいと思います。 きびしい暑さの日々が続きますが、8月の末ごろから始める稲刈りに向けてラストスパートがんばりたいと思います。皆様もお体にお気をつけてお過ごしください。

榮米だより VOL.312.21.6.27

2021年7月5日

 なんとか今年も田植えをすべて終えることができました!これも皆様のご支援があってこそのもので、感謝しております。今年は梅雨入りが記録的な早さで、天候の心配がありましたが雨の合間を縫って作業しておりました。

100馬力トラクター

 また、この6月には老朽化してきていたトラクターを2台買い替えいたしました。左側の大きなトラクターが今回の目玉で、右の小さいほうのトラクターでも普段使用しているものとほぼ変わらない大きさなのですが、比べると一回り以上違うのがわかるかと思います。

 大きな分出力も高く、そのためパワーのあるトラクターでなければ作業できないレーザーレベラーという田んぼの土の高低差をなくして平らにできる機械を使用できるようになりました。

 今でこそ稲作は日本の文化に深く根付いていて稲は身近な植物ですが、本来稲は亜熱帯、熱帯地域の植物で、東南アジアの湿地帯で温暖な地域に適した性質を持っています。そのため日本のような山と海が近く、平地が少ない場所で稲を作ろうとすると人間が知恵を絞り、人手をかけて地形を作りかえ、田んぼと水路を整備して水をコントロールしないといけません。なので本来稲は日本で育てるのは不向きとさえ言える植物なのですが、先人たちはそれをやってのけ、今や日本の米は世界一おいしいといえるものに育てあげてきました。

 そうしてできた水路と田んぼを今受け継いで使わせてもらっていますが、人の手では取り切れない田んぼの中での多少の高低差はあり、生育のばらつきや作業のやりにくさの原因になっています。それを現代の技術で完全にまっ平らにできるのがレーザーレベラーです。冬の間の作業になるので使用するのは先になりますが、先人が作ってきた田んぼに新しい技術を組み合わせてさらに良い状態にしていきたいと思います。

稲作経営者会議新聞掲載

また、新しいアイデアの機械や作業方法などがどんどん開発されているので、良いものは積極的に取り入れながら来年以降もおいしい榮米を作れるようにしていきたいと思います。 日増しに気温も上がってきて、今年も夏がやってまいりました。水分・塩分補給など忘れず、暑さを乗り切っていきましょう!

榮米だより VOL.311.21.5.30

2021年6月5日

 今年はゴールデンウィークが終わったとたんに平年より21日も早く梅雨入りとなり、雨の降る日が多い5月となりましたが、お元気でお過ごしでしょうか?

 榮農場では田植え真っ盛りの時期に梅雨入りとなってしまい、毎日天気予報とにらめっこしながら作業を進めていっております。

21年田植え

 少々の雨なら田植えはできるのですが、大雨や風が強く吹いてしまうと植えた苗の根が張る前に抜けて流されてしまうため、そういった日は田植えができないのですが、かといって植える適期の限界や植えるのが遅れると収穫時期も遅れるという問題もあるので、いつまでも植えないわけにもいきません。毎日天候が良くなるように祈りながらの田植えとなっています。

 また、5月19日に気象庁が発表している気温の平年値の基準が1980-2010年から1990-2020年に変更となり、これによって年平均気温が全国的に0.1℃~0.5℃高くなったそうです。また、降水量の平均値も多くの地域で10%程度多くなるとのことで、実際に温暖化が進んでいるということが数字で表されてきているのが心配です。

 もちろん天候の影響を直接的に受ける農業もなにもしていないわけではなく、高温に対応した栽培方法や暑さに強い品種など研究が進んでいますので、良いものは積極的に取り入れながら米作りに励みたいと思います。

倒れた麦

先月の榮米だよりで暖冬の影響から作物の生育が早くなっているとお伝えしていましたが、気温が高く草丈が長く育ってしまった結果一部の麦が倒れてしまいました。稲は穂が重いので倒れることはよくあるのですが麦はあまりこういうことはなかったので少し驚いています。逆に倒れるほどしっかり育ったとも言えるので、残った所は倒れるギリギリまで実が詰まっていると思いますので、6月中ごろからの収穫を頑張りたいと思います。 6月は田植えのラストスパートや麦の刈り取り、にんにくの収穫などを行っていきます。体が資本なので梅雨の湿度に負けずに元気に農作業をしていきたいと思います。皆様もお体にお気をつけてお過ごしください。

榮米だより VOL.310.21.4.25

2021年5月5日

 暖かい春の陽気とともに米作りの季節がやってまいりました!今年も種まきから稲の栽培を始めています。

苗は1箱28cm×58cmの大きさで、それを榮農場では6000箱前後作っていて、ビニールハウスに並べて田植えの時まで大事に育てています。

稲の苗の栽培

これだけの数になると一部では発芽しなかったりうまく育たなかった箱が出てくるものなのですが、今年は一面きれいに育っていて、良い苗になってくれています。この苗は榮農場で使うものだけではなく、他の農家さんに販売もしていますので、買っていかれた方の育成にも関わってくるので責任重大です。この調子でしっかりとお米を実らせる良い苗を育てていきたいと思います。

そしてゴールデンウィークから田植えが始まります!稲作としては、一年を通してなにかしらの農作業がありどれも大切な作業なのですが、やはり田植えは特別感があります。植えるだけではなく、田んぼの土づくりや水の引き込み、植えた後の管理などとても忙しくなってきますが、美味しい榮米のために一つ一つこなしていきたいと思います。

今年は暖冬の影響から桜が記録的な早さで開花しておりましたが、同じく天候の影響を受ける農作物の成長も早くなっています。

麦の成長も早く穂が出そろって麦らしい姿になってまいりました。4月末ごろに最後の肥料をやり、6月後半に収穫予定です。天候が良かったことで雑草が多いという問題もあるので気を付けて育てていきたいと思います。 また暖かいだけではなく適度に雨が降ってくれたことによる農作物の好調な生育なのですが、春の雨は古来からいろいろな名前で呼ばれてきました。二十四節気の6番目にあたる4月20日ごろを「穀雨」といい、この時期に降る雨は五穀豊穣をもたらしてくれる雨といわれていました。似た意味を持つ「瑞雨」「慈雨」「甘雨」などの言葉もあり、実際この時期に降った雨が水田へと流れ込み良い稲を育てる重要な水になっているのですが、雨ひとつをとってみても細かく美しい表現が日本人らしく思う所であり、同時に作物の生育の良悪は生活に大きな影響を与えていたことが感じられます。私たちも、自然と調和し日々感謝をもって精進してまいりたいと思います。

榮米だより VOL.309.21.3.28

2021年4月14日

 今年の3月11日で東日本大震災から10年の月日が経ちましたが、私どもAMAファミリーズ榮農場は町全体が津波でほぼ全壊された宮城県南三陸町の『マリンパル保育園』に毎年お米やお正月にはお餅を送らせてもらっていて、園長さんから毎年心のこもったお礼状をいただいておりますが、今年は写真付きのお礼はがきが送られてきておりました。

 当初は震災発生の年の12月に被災地ではお正月の餅も食べられない人がいるのだろうと支援先を探し、こちらのマリンパル保育園を見つけ毎年贈らせていただいておりました。こちらからは想像もできない苦労があったかと思いますが、少しでも役に立っていれば幸いです。

 それから10年、まだまだ復興の途中とのことですが、負けないで次代を担う元気な子供たちを育ててくださる事を祈念いたします。

 そして、私たちも自分たちにできることをこなしていくべく、今年も稲の種まきを開始いたしました!

芽を出し始めた籾

 籾を水に漬けておき十分に吸水させたあと、32℃前後の温度にしておくと発芽し、胚芽の部分からニョキっとツノを伸ばし始めます。この芽を出し始めた籾を、土を敷き詰めた苗箱に蒔き苗の栽培をしていきます。苗箱に蒔く作業はベルトコンベアでの流れ作業でできるようになっており、次々と種まきを進めていきます。去年この種まき機を新調したところなので、快適に作業できています。この後苗箱は育苗機に収め、育つのを待って4月末ごろからいよいよ田植えのシーズンがやってきます!食事をおいしいと思った時には元気も同時にわいてくると感じますが、そんな元気の源となるような榮米を目指し、今年もがんばりたいと思います。 季節の変わり目ですが、皆様もお体にお気をつけてお過ごしください。

種まき機

榮米だより VOL.308.21.2.28

2021年3月3日

 まさに三寒四温といった日々で寒さと暖かい日が交互に訪れ、春に向かっているんだなあと感じられるようになってまいりましたが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?

 榮農場では、春の田植えに向けての準備をできるところから徐々に始めております。

榮農場圃場管理地図

まず一年の計画として今年管理する田んぼやそれに対して植える品種、植えていく順番、収穫したい量などを考えながら、そのために必要な種子の量や作業計画などを立てていきます。榮農場では栗東市内各地から田んぼをお預かりしておりますが、栗東市の田んぼは形状が四角くないものが多いのに加え、面積が小さな田んぼが多く、複雑になるため今でも手書きで地図を作っています。

近年では農業の機械化・大規模化により、こうした手間が多くかかる小さく変形した田んぼは作業を受ける農業者が少なく、また田んぼの所有者さん自身が米作りをしようとしても高齢となりできなくなるケースも多くありますが、地域農業を守り環境を維持するといった意味でも榮農場ではこうした田んぼでもがんばって作業しております。

2月26日から3月31日まで、栗東市観光協会が主催のサイクリングスタンプラリーが開催されます!榮農場でもスタンプラリーの賞品として自慢の榮米とにんにくのオリーブオイル漬けを出させていただいております。

A賞の近江牛やタンブラーに応募するには、かなり山道を登った先にある道の駅こんぜの里栗東や、さらに登って山頂も近い横ヶ峰展望所までいかなければいけませんが、登った先の景色は滋賀県でも随一の眺めで、栗東の街並みはもちろん遠くに琵琶湖や近江富士の愛称で親しまれている三上山などが一望できます。

横ヶ峰展望所

情勢的に外に出られず運動不足となっている事もあるかと思いますが、スタンプラリーのルートに入っていない名所や観光スポットもまだまだありますので、感染対策を講じつつ栗東に訪れていただいて、いろいろなアクティビティを楽しんでいただけると幸いです。 来る3月は今よりももっと暖かい日と寒い日の気温差によって体調を崩しやすい季節ですので、皆様におかれましてはくれぐれもご自愛いただきますようお願いいたします。

榮米だより VOL.307.21.1.31

2021年2月3日

 今冬はしっかりと冷え込み、ただでさえ体調に気を付けなければいけない社会情勢の中、厳しい寒さとなっておりますが皆様元気にお過ごしでしょうか?

 人にとってつらい寒さの中ですが、左の写真のジャンボにんにくや麦など、冬に育つ野菜は朝のつめたい霜や雪などにも負けず元気な姿を見せてくれています。

にんにくの苗

 また、麦のほうは寒さによる被害を抑える効果があるといわれている麦踏みという作業を行って、より強く成長してくれるように手をかけています。

 昔は文字通り麦の苗を足で踏みつけて一歩一歩圧をかけていましたが、さすがに現代では作業が追いつかないので、トラクターの後ろにローラーをつけて重みで鎮圧しています。こうして麦の苗と土に圧をかけることで、霜柱などによる冷害を防ぎ、根の張りをよくして耐寒性を高めるという効果が期待できます。

麦踏

それにしても苗を踏むことでより強くなると気づく昔の人はすごいなと常々感心します。やはり農作業が今よりもっと身近にあり、その中で少しの変化にも気づく観察眼が培われていたのだろうと思います。こうした古来の知恵を大事にしながら農作業を続けていきたいと思います。

また、春からの米作りのため種子の準備を始めました!秋の稲刈りの時に残しておいた籾から、もみ殻や雑草のゴミなどを取り除き、実の詰まった良い種だけを選別しています。稲の苗を作る時、特に発芽して育ってくれるかどうかは一発勝負になり、毎年行っていることでも緊張の瞬間なので、しっかり育ってくれるような種を用意することがとても大切な作業になります。今年もおいしいお米が実るよう頑張っていきたいと思います。 都市部では緊急事態宣言が発令され厳しい状況ではありますが、主食であるお米で日本を支えられるよう今年も農作業に励みたいと思います。

稲の種子の選別
榮米だより VOL.306.20.12.27

2021年1月3日

比較的暖冬だった去年とは打って変わって今年の12月は寒い日が続き、厳しい冬になってまいりましたが皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

榮農場の12月は豆刈りと餅つきで大忙しの毎日を過ごしています。毎日朝から暮れまで榮もち工房『榮劫菴』からはもち米を蒸すセイロから出る湯気が立ち上り、一定間隔で「ドッスンドッスン」というもちを搗く音が冷えた空気を震わせていて、もち製造スタッフであるお母さん方の元気な声が響いています。田植えや稲刈りの時期もバタバタと忙しいのですが、1年のうち最も榮農場が活気で溢れて賑やかなのは12月かもしれません。

つきたての榮もち

ご存知の方も多いと思われますが、榮農場自慢の榮もちはまず滋賀羽二重糯の種もみを丁寧に苗へと育て、田植えしてから余念なく生育の管理をして稲とし、稲刈りにて収穫して乾燥・調整・精米を経て、冬になって空気が冷たくなってから洗って水に一晩漬けて、セイロで蒸して本業のもち屋さんが使う本物の餅つき機で杵づきして作ったもちをおいそれとカビたりしないよう真空パックに詰め、出来たものから順次直売所や近隣のお客様のご自宅に配送し、遠方のお客様へは宅配便にて発送し皆様の下へとお届けしています。最初から最後まで。私たち榮農場が持つすべての手間暇を惜しみなく捧げた塊が榮もちです。榮農場のこだわりが榮もちの白さと粘りに現れておりますので、食される際にお楽しみいただけたら幸いです。

2020年は新型コロナウィルスが世界中で猛威を振るい、筆舌に尽くしがたい激動の一年となりましたね。こまめな手指の消毒とマスク着用が今や常識となり、環境や生活の様式が一変された方もいらっしゃるかと思います。しかしながら変化というものは一概に悪いものばかりではないはずで、変わったことによって好転した事柄も少なからずあるのではないかと思っております。コロナ禍で振り回されることがあったとしても、そういった小さな幸せは見逃さないよう、悲観しすぎないよう来る新年を過ごしてゆきたいと思います。 2020年も変わらぬご愛顧を賜りまして本当にありがとうございました。2021年が皆様にとって実り多い良き一年となりますことを祈念いたします。

榮米だより VOL.305.20.11.29

 朝晩の冷え込みも少しずつ強くなり、冬の空気になってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?榮農場では年末に向けてお正月用の餅つきや大豆の刈り取り、白菜やブロッコリーといった冬野菜の収穫などが待っており、忙しくしております。

 毎年好評をいただいている榮もちのご注文も少しずつ増え始め、餅つきをする回数が増えてきました。シンプルなお餅だけではなく、お祝い事などに大福もちを作る事もあり、こちらも喜んでいただいております。最近では滋賀県下の8つの農協が合併してJAレーク滋賀として新生スタートすることになり、その祝賀会で食べていただこうと8つのフルーツを使ったフルーツ大福を試作したりしておりました。

八福餅

今回のJAの合併は滋賀の南部と西部の地域で滋賀県の面積の半分ほどをカバーする大きな合併となり、規模が大きくなることでいままで以上の農業への支援や組合員の期待に応える運営をしていこうということで新しいJAの誕生となりました。今後の運営が順調に進み、滋賀の農業がさらに発展していくことを願っております。

また、11月から栗東近辺のセブンイレブンで地元産の野菜と農産物コーナーを設置していただき、榮農場のお米や野菜、おかきなどを置いていただけるようになりました!いままでコンビニで売っているイメージの少なかったとれたての新鮮野菜などを手軽に手に取っていただけるようになり、こだわりの農産物のおいしさを感じていただけるのではないかと期待しております。

実施店舗は栗東市が小野店、金勝店、栗東中央店、栗東工業団地店、栗東出庭店の5店舗と湖南市の石部文化ホール前店の合計6店舗にて販売しており、地産地消の取り組みとして力をいれてがんばっていますので、お近くにお越しの際はお立ち寄りいただければ幸いです。多数の店舗をもち地域に愛されているセブンイレブンさんなので、自信をもって棚に並べられる農産物をこれからも作り続けていきたいと思います。 今年も残り少なくなり、新年の足音が聞こえてきました。神様へのお供えとして無病息災などを願って飾られる鏡餅ですが、この新型コロナが一刻も早く収束するよう、今年は特に力を入れて作っていきたいと思います。

A.M.Aファミリーズ榮農場 滋賀県栗東市蜂屋720-2 電話番号:077-552-0353 FAX番号:077-552-0387