近江こだわり栽培米 榮米

カレンダー
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の記事
過去の記事
榮米だより VOL.309.21.3.28

2021年4月14日

 今年の3月11日で東日本大震災から10年の月日が経ちましたが、私どもAMAファミリーズ榮農場は町全体が津波でほぼ全壊された宮城県南三陸町の『マリンパル保育園』に毎年お米やお正月にはお餅を送らせてもらっていて、園長さんから毎年心のこもったお礼状をいただいておりますが、今年は写真付きのお礼はがきが送られてきておりました。

 当初は震災発生の年の12月に被災地ではお正月の餅も食べられない人がいるのだろうと支援先を探し、こちらのマリンパル保育園を見つけ毎年贈らせていただいておりました。こちらからは想像もできない苦労があったかと思いますが、少しでも役に立っていれば幸いです。

 それから10年、まだまだ復興の途中とのことですが、負けないで次代を担う元気な子供たちを育ててくださる事を祈念いたします。

 そして、私たちも自分たちにできることをこなしていくべく、今年も稲の種まきを開始いたしました!

芽を出し始めた籾

 籾を水に漬けておき十分に吸水させたあと、32℃前後の温度にしておくと発芽し、胚芽の部分からニョキっとツノを伸ばし始めます。この芽を出し始めた籾を、土を敷き詰めた苗箱に蒔き苗の栽培をしていきます。苗箱に蒔く作業はベルトコンベアでの流れ作業でできるようになっており、次々と種まきを進めていきます。去年この種まき機を新調したところなので、快適に作業できています。この後苗箱は育苗機に収め、育つのを待って4月末ごろからいよいよ田植えのシーズンがやってきます!食事をおいしいと思った時には元気も同時にわいてくると感じますが、そんな元気の源となるような榮米を目指し、今年もがんばりたいと思います。 季節の変わり目ですが、皆様もお体にお気をつけてお過ごしください。

種まき機

榮米だより VOL.308.21.2.28

2021年3月3日

 まさに三寒四温といった日々で寒さと暖かい日が交互に訪れ、春に向かっているんだなあと感じられるようになってまいりましたが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?

 榮農場では、春の田植えに向けての準備をできるところから徐々に始めております。

榮農場圃場管理地図

まず一年の計画として今年管理する田んぼやそれに対して植える品種、植えていく順番、収穫したい量などを考えながら、そのために必要な種子の量や作業計画などを立てていきます。榮農場では栗東市内各地から田んぼをお預かりしておりますが、栗東市の田んぼは形状が四角くないものが多いのに加え、面積が小さな田んぼが多く、複雑になるため今でも手書きで地図を作っています。

近年では農業の機械化・大規模化により、こうした手間が多くかかる小さく変形した田んぼは作業を受ける農業者が少なく、また田んぼの所有者さん自身が米作りをしようとしても高齢となりできなくなるケースも多くありますが、地域農業を守り環境を維持するといった意味でも榮農場ではこうした田んぼでもがんばって作業しております。

2月26日から3月31日まで、栗東市観光協会が主催のサイクリングスタンプラリーが開催されます!榮農場でもスタンプラリーの賞品として自慢の榮米とにんにくのオリーブオイル漬けを出させていただいております。

A賞の近江牛やタンブラーに応募するには、かなり山道を登った先にある道の駅こんぜの里栗東や、さらに登って山頂も近い横ヶ峰展望所までいかなければいけませんが、登った先の景色は滋賀県でも随一の眺めで、栗東の街並みはもちろん遠くに琵琶湖や近江富士の愛称で親しまれている三上山などが一望できます。

横ヶ峰展望所

情勢的に外に出られず運動不足となっている事もあるかと思いますが、スタンプラリーのルートに入っていない名所や観光スポットもまだまだありますので、感染対策を講じつつ栗東に訪れていただいて、いろいろなアクティビティを楽しんでいただけると幸いです。 来る3月は今よりももっと暖かい日と寒い日の気温差によって体調を崩しやすい季節ですので、皆様におかれましてはくれぐれもご自愛いただきますようお願いいたします。

榮米だより VOL.307.21.1.31

2021年2月3日

 今冬はしっかりと冷え込み、ただでさえ体調に気を付けなければいけない社会情勢の中、厳しい寒さとなっておりますが皆様元気にお過ごしでしょうか?

 人にとってつらい寒さの中ですが、左の写真のジャンボにんにくや麦など、冬に育つ野菜は朝のつめたい霜や雪などにも負けず元気な姿を見せてくれています。

にんにくの苗

 また、麦のほうは寒さによる被害を抑える効果があるといわれている麦踏みという作業を行って、より強く成長してくれるように手をかけています。

 昔は文字通り麦の苗を足で踏みつけて一歩一歩圧をかけていましたが、さすがに現代では作業が追いつかないので、トラクターの後ろにローラーをつけて重みで鎮圧しています。こうして麦の苗と土に圧をかけることで、霜柱などによる冷害を防ぎ、根の張りをよくして耐寒性を高めるという効果が期待できます。

麦踏

それにしても苗を踏むことでより強くなると気づく昔の人はすごいなと常々感心します。やはり農作業が今よりもっと身近にあり、その中で少しの変化にも気づく観察眼が培われていたのだろうと思います。こうした古来の知恵を大事にしながら農作業を続けていきたいと思います。

また、春からの米作りのため種子の準備を始めました!秋の稲刈りの時に残しておいた籾から、もみ殻や雑草のゴミなどを取り除き、実の詰まった良い種だけを選別しています。稲の苗を作る時、特に発芽して育ってくれるかどうかは一発勝負になり、毎年行っていることでも緊張の瞬間なので、しっかり育ってくれるような種を用意することがとても大切な作業になります。今年もおいしいお米が実るよう頑張っていきたいと思います。 都市部では緊急事態宣言が発令され厳しい状況ではありますが、主食であるお米で日本を支えられるよう今年も農作業に励みたいと思います。

稲の種子の選別
榮米だより VOL.306.20.12.27

2021年1月3日

比較的暖冬だった去年とは打って変わって今年の12月は寒い日が続き、厳しい冬になってまいりましたが皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

榮農場の12月は豆刈りと餅つきで大忙しの毎日を過ごしています。毎日朝から暮れまで榮もち工房『榮劫菴』からはもち米を蒸すセイロから出る湯気が立ち上り、一定間隔で「ドッスンドッスン」というもちを搗く音が冷えた空気を震わせていて、もち製造スタッフであるお母さん方の元気な声が響いています。田植えや稲刈りの時期もバタバタと忙しいのですが、1年のうち最も榮農場が活気で溢れて賑やかなのは12月かもしれません。

つきたての榮もち

ご存知の方も多いと思われますが、榮農場自慢の榮もちはまず滋賀羽二重糯の種もみを丁寧に苗へと育て、田植えしてから余念なく生育の管理をして稲とし、稲刈りにて収穫して乾燥・調整・精米を経て、冬になって空気が冷たくなってから洗って水に一晩漬けて、セイロで蒸して本業のもち屋さんが使う本物の餅つき機で杵づきして作ったもちをおいそれとカビたりしないよう真空パックに詰め、出来たものから順次直売所や近隣のお客様のご自宅に配送し、遠方のお客様へは宅配便にて発送し皆様の下へとお届けしています。最初から最後まで。私たち榮農場が持つすべての手間暇を惜しみなく捧げた塊が榮もちです。榮農場のこだわりが榮もちの白さと粘りに現れておりますので、食される際にお楽しみいただけたら幸いです。

2020年は新型コロナウィルスが世界中で猛威を振るい、筆舌に尽くしがたい激動の一年となりましたね。こまめな手指の消毒とマスク着用が今や常識となり、環境や生活の様式が一変された方もいらっしゃるかと思います。しかしながら変化というものは一概に悪いものばかりではないはずで、変わったことによって好転した事柄も少なからずあるのではないかと思っております。コロナ禍で振り回されることがあったとしても、そういった小さな幸せは見逃さないよう、悲観しすぎないよう来る新年を過ごしてゆきたいと思います。 2020年も変わらぬご愛顧を賜りまして本当にありがとうございました。2021年が皆様にとって実り多い良き一年となりますことを祈念いたします。

榮米だより VOL.305.20.11.29

 朝晩の冷え込みも少しずつ強くなり、冬の空気になってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?榮農場では年末に向けてお正月用の餅つきや大豆の刈り取り、白菜やブロッコリーといった冬野菜の収穫などが待っており、忙しくしております。

 毎年好評をいただいている榮もちのご注文も少しずつ増え始め、餅つきをする回数が増えてきました。シンプルなお餅だけではなく、お祝い事などに大福もちを作る事もあり、こちらも喜んでいただいております。最近では滋賀県下の8つの農協が合併してJAレーク滋賀として新生スタートすることになり、その祝賀会で食べていただこうと8つのフルーツを使ったフルーツ大福を試作したりしておりました。

八福餅

今回のJAの合併は滋賀の南部と西部の地域で滋賀県の面積の半分ほどをカバーする大きな合併となり、規模が大きくなることでいままで以上の農業への支援や組合員の期待に応える運営をしていこうということで新しいJAの誕生となりました。今後の運営が順調に進み、滋賀の農業がさらに発展していくことを願っております。

また、11月から栗東近辺のセブンイレブンで地元産の野菜と農産物コーナーを設置していただき、榮農場のお米や野菜、おかきなどを置いていただけるようになりました!いままでコンビニで売っているイメージの少なかったとれたての新鮮野菜などを手軽に手に取っていただけるようになり、こだわりの農産物のおいしさを感じていただけるのではないかと期待しております。

実施店舗は栗東市が小野店、金勝店、栗東中央店、栗東工業団地店、栗東出庭店の5店舗と湖南市の石部文化ホール前店の合計6店舗にて販売しており、地産地消の取り組みとして力をいれてがんばっていますので、お近くにお越しの際はお立ち寄りいただければ幸いです。多数の店舗をもち地域に愛されているセブンイレブンさんなので、自信をもって棚に並べられる農産物をこれからも作り続けていきたいと思います。 今年も残り少なくなり、新年の足音が聞こえてきました。神様へのお供えとして無病息災などを願って飾られる鏡餅ですが、この新型コロナが一刻も早く収束するよう、今年は特に力を入れて作っていきたいと思います。

榮米だより VOL.304.20.10.25

2020年11月14日

 令和2年度分の榮米の収穫が無事にすべて終わりました!今年は梅雨が長かったため生育が心配なところもありましたが、8月からしっかりと晴れて日光を受け、全体的には良好な出来でおいしいお米になったのではないかと自負しております。

お米の収穫もうちょっと

 毎年収穫後にお米のおいしさを定量的に機械で測定する食味検査を行うのですが、今年も例年通り全体的に点数が高く、100点満点中、70~80%の人がおいしいと評価する70点をこえて各品種80点前後の点数となりました。あくまで機械での測定で人によって好みは様々なのですが、榮農場で栽培している品種が軒並み高得点なのは大変名誉あることです。これに慢心せず、もっと多くのお客さんから『榮米』を選んでいただけるよう、安心・安全でかつ美味しいお米を皆様にお届けできるよう今後も努力してまいります!

そして、稲刈りが終わり一段落したところではありますが、次の麦の種まき作業が始まっています。この時期に種をまく小麦は冬を越えて、厳しい寒さや雪を耐え忍んで春に文字通り小麦色に輝いて、稲とはまた違った田んぼの風情を感じさせてくれます。当農場が栽培している小麦は、製粉するとやや中力で和麺(うどん、そうめん、そばのつなぎ)に使用されています。パンには不向きですが、作れないこともありません。以前、この小麦粉を使ってクッキーを焼いてもらって、美味しかったことをよく覚えています。どんな作物を作っていても言える事ですが、どれだけ農場の規模が大きくなってトラクターやコンバイン等の機械が大型になっていったとしても、第一に自分や家族の食糧を作っているということを忘れてはいけないなと思っています。だからこそ他でもない自分たちが安心して食べることができるお米や野菜が作れて、お客様にも安心して食べていただけるのだということです。この農薬は本当に安全なのだろうか、あの日まいた肥料はちゃんと効いて、植物は健康に育ってくれているだろうか、雨が続いたり台風が来て茎が折れて倒れてしまわないか、晴天が続きすぎて水は足りているだろうか。雨でも晴れでも心配事は挙げればキリがないほどありますが、それゆえ無事に収穫を終えることができて、皆様にお届けできるということが有り難いと思えるのですね。食欲の秋となりおいしい食材が豊富な時期になりました。榮農場自慢の新米とともに、日々を彩ってくれる食べ物が食卓に並ぶまでのストーリーに思いを馳せ、なによりもお食事を楽しんでいただけたら幸いです。

麦の種まき
榮米だより VOL.303.20.9.27

2020年10月14日

 朝晩の気温が涼しくなり、秋の到来を感じる季節となりましたが、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。今年の滋賀県は今のところ台風の影響がなく、比較的安定した気候が続いておりまして、大きなアクシデントも起こらずに順調に作業を進められていて、うれしい限りです。

 さて先日、年間を通して行っている近隣小学校5年生を対象にした稲作体験を執り行うことができました。この行事は5月に小学生自ら田植えをしてもらって、9月下旬に稲刈りを体験してもらい、自分たちで作ったお米を食べるという食育プログラムなのですが、今年は3月以降からのコロナ禍により田植え体験ができなくなってしまいました。今年は稲作体験してもらえないかなと思っておりましたが、3密を避けるために5年生を2グループに分かれてもらうことで体験していただくことができました!日本人の食の中心であるお米を子どもたち自身の手で作って、食べてもらうことは、子どもたちが自分たちの将来の食生活を考える一助になればと思っています。一人一人が手に鎌を持って、緊張しながらおっかなびっくり稲を刈ってくれる姿に自然と笑みがこぼれたイベントでした。

稲刈り体験2020

 滋賀県大津市の西武百貨店が8月31日をもって閉店し、44年の歴史に幕を下ろしました。榮農場も何度か店頭にお米を並べて直接販売のイベントをさせていただきましたことを覚えています。西武百貨店が閉店したことで、滋賀県下の百貨店と呼べるデパートは草津市にある近鉄百貨店のみとなりました。こちらでは9月2日から「近江路」という栗東市の特産品を集めた物産展を開催しています。榮農場も今年の新米をはじめ、おかきやポン菓子、いちじくのドライフルーツなどを出品させていただいております!滋賀県唯一の百貨店に出品させていただいていることを嬉しく思いつつも、背筋が伸びる思いです。 まだまだコロナ禍で日本中が慌ただしい中ではございますが、令和2年度産の新米も大変美味しく仕上がりました!ぜひご賞味ください。

物産展にて

榮米だより VOL.302.20.8.30

2020年9月9日

7月の長い梅雨を抜けたと思ったら8月はカンカン照りの晴天が続き、きびしい暑さの夏ですが皆様お元気にお過ごしでしょうか?榮農場では今年も榮米の収穫を開始いたしました!

2020年稲
稲刈り

心配していた日照不足も8月から解消されてきて、お米の実りもよくなっていますので、おいしいお米になったのではないかと期待しています。

稲刈りの後は乾燥ともみ殻を取り除いて玄米にする作業を行い、出荷できるようになり次第新米の発送を行っていきますので、2020年産の榮米にご期待ください!特に今年はコロナの影響でなかなか外出もままならない事が多いかと思いますので、おいしい新米をご家庭で楽しんでいただけたら幸いです。

8月末の現在コシヒカリから収穫を始めていて、順番にキヌヒカリ、ミルキークイーンなどを刈り取っていく予定です。去年は稲刈りのスタートと同時に大型の台風が来たため大変でしたが、今年は晴天が続いていたため地面もしっかり乾いてサクサク刈れていっているので、収穫の適期を逃さないようこのまま進めていきたいと思います。

そして、稲刈り後の乾燥には去年組み立てていた乾燥機の初仕事になりました。以前の乾燥機でもゆっくり時間をかけて乾燥させることでお米のおいしさを逃さないようにしていましたが、さらに性能が上がり乾燥ムラが減ることでより良い仕上がりにできるのではないかと思っております。今現在乾燥中で、できあがりが今から楽しみです。 稲刈りは始まったばかりでこれから2か月近く続きます。今年も自然の恵みを受けて育った榮米の新米をお届けできるよう、がんばりたいと思います。

刈り取ってきた籾の乾燥機
榮米だより VOL.301.20.7.26

2020年8月9日

7月は全国的に雨模様の日が続きすっきりしない天気が多い月でしたが、皆様変わらずにお過ごしでしょうか?とくに九州地方で豪雨の被害にあわれた地域は一刻も早い復興を願うばかりです。農業という仕事柄天気と隣り合わせに生きていますので、こうして自然災害が起こるたびに他府県の出来事であっても身近に感じずにはいられません。熊本などは震災に続いての被害で痛ましいところですが、応援していきたいと思っております。

 さて、豪雨での大きな被害はなかったにしても、滋賀県でも雨が多く稲にとっては日光をあまり受けられず生育が少し心配なひと月になりました。今のところ問題になるようなことは起こっておりませんが、晴れ間が少なく気温が上がらないと稲が病気になりやすくなってしまったり、またこれからの穂を実らせていく時期に日照が少なくなるとお米を作るために大事な光合成ができずに実る量が減ったり、最悪お米が作られない稲も出てきてしまいます。

2020年稲
雑草をとる作業中・・

 今年は暖冬だったこともあり、夏も不安定な天候が心配になるところですが、榮米では土づくりを中心としたしっかりと根を張る健康な稲を育てることによって、多少の天候の悪さにも耐えられる栽培方法を普段から意識して育てていますので、また秋にはおいしいお米を実らせてくれると思います。また、水管理や雑草の処理など人の手でできることはしっかり行っていきたいと思います。

 榮農場が所在している滋賀県栗東市蜂屋という地域には「宇和宮神社」という神社があります。開基は養老元年(717年)とされており、2017年に創建1300年になりました。この神社に祭られているのが倉稲魂神(ウカノミタマノカミ)という穀物・食物の女神です。榮農場とは最も縁深い神様ですね。ご参拝させていただく度に、脈々と続く日本の歴史の中で、いま、農業をさせてもらえているんだという認識を改めさせてもらえる場所です。日々の農作業に追われ、読めない天候や病害虫、雑草などに悩まされながらも、感謝の気持ちを忘れず、これからも頑張ってまいります。

榮米だより VOL.300.20.6.28

2020年7月4日

 いつも榮米をご愛顧いただきまして、ありがとうございます。毎月刊行させていただいております榮米だよりがついに300号を迎えることができました!

榮農場スタッフ

 平成6年に制定された新食糧法より以前の旧食糧管理法下の特別栽培米制度から、アトピー性皮膚炎の息子に食べさせようと始めた「榮米」の栽培と、それに共鳴してくださる方々との手探りの特別栽培のテストケースが26年も続けられ、榮米の栽培とともに発行してきました榮米だよりがこの6月で記念すべき300号を迎えられたことは、ひとえにご愛顧いただきました皆様のおかげであると大変感謝しております!

榮米だより 第1号

 最初のころの榮米だよりはずっと手書きで写真やイラストを掲載したときは当時はコピー機を持っておりませんでしたのでカラーコピーをしてもらいに印刷屋さんへ通ったのを覚えています。スタッフや息子たちも年齢を重ねて当時は30代の青年?だった中井榮夫も還暦を越えた孫までいる正真正銘のお爺さんになってしまいましたが、今度はその孫に食べさせるために安心安全なお米を作っていきたいと思っています。

 そして今年も無事に田植えを終わらせることができました。田んぼの稲は日に日に背を伸ばしていて、見に行くたびに大きくなってくれていて秋の収穫を待ち遠しく思っています。現在は昨年の秋に種を蒔いた小麦の収穫を終えて、味噌や煮豆に最適な大豆フクユタカの種まき作業をしているところです。夏に向かい、日中の気温が上がりはじめ、さらに今年の夏は大変暑くなると噂されておりますので、皆様におかれましてはご自愛いただきますようお願い申し上げます。これからも皆様方に安心して食べていただける美味しい榮米をスタッフ共々誠心誠意作ってまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

A.M.Aファミリーズ榮農場 滋賀県栗東市蜂屋720-2 電話番号:077-552-0353 FAX番号:077-552-0387