近江こだわり栽培米 榮米

カレンダー
2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の記事
過去の記事
榮米だより VOL.324.22.6.26

2022年7月18日

 ゴールデンウィークから始まった田植えですが、ようやく終えることができました。今年は植える面積が非常に多く、例年の2割増しほどあったため時間がかかりましたが、無事に終えることができほっとしています。最初に植えた稲はもう濃い緑の葉を大きく伸ばして成長し始めており、植えたてのころは見えていた株と株の間の地面も隠れるほど育ってきました。

 7月のなかばから、外からは見えませんが稲の茎の中でお米を作り始めるので、このタイミングに合わせて肥料をやっていきます。その準備や水管理などの農作業がありますが、稲が良いお米を作れるように栽培を続けていきたいと思います。

 6月は田植えと並行して、麦の刈り取りも行っておりました。

 今年の小麦は滋賀県が新しく奨励品種に選定した「びわほなみ」を栽培していました。主にうどんやそうめん、そばのつなぎなど日本めん用に使われるそうです。そしてこの麦は去年導入した新しいトラクターで種まきをして育った麦で、種まき機の動作がとても安定していて、田んぼ一面きれいな金色に育てることができました。麦の刈り取り作業を写した写真は近江富士とも呼ばれる三上山がバックに綺麗に写ってくれました。また、三上山の手前(カメラから200mほど)に小さく田植え機もあるんです。麦の刈り取りと田植え機が同じ地域で作業しているのは珍しいです。

麦刈り

そして今年は小麦の輸出国のウクライナが軍事侵攻を受けている影響もあり国内で生産することの大切さを考えさせられました。農作物を作り国内自給率を上げるといっても原油価格や肥料が値上がりしていたり、さまざまな事や国ごとの思惑が複雑に絡み合った現在簡単な事ではありませんが、突き詰めた時まず大事になってくるのが食料なのではないかなと思います。これからも生活の基盤である農作物を守るという意味でも頑張っていきたいと思います。

 6月はジャンボにんにくの収穫期でもあり、にんにくを植えた田んぼにしっかりと地力があったため今年は大きく育ったにんにくを作ることができました。一粒で親指の大きさほどもあるにんにくになり、ジャンボにんにくの名にふさわしいサイズに育ちました。食べるのが楽しみです!

ジャンボにんにく
榮米だより VOL.323.22.5.29

2022年6月18日

 日光がだんだん強くなり季節が春から夏へと向かっていて、田植え真っ只中の榮農場ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 連日田植えをしておりますが、今年の田植えでは苗の作り方を少し改良し、苗を並べているビニールハウス内を簡易的なプール状にして水に浸けたような状態で育成してみたところ根っこの張りがとても良く、力強い苗を育てることができています。そのため田植え時の植え替えられることによるダメージからの回復が早く、生育が良いスタートを切ることができましたので、いまからお米を実らせるのがとても楽しみです。5月末の現在田植え全体の半分ちょっとが終わったところという進捗状況で、機械の故障といったトラブルも起こってはいますがうまく対応しながら残りの田んぼもこなしていきたいと思います。

田植え

 この度、榮農場自慢のお米でこだわりの米粉が新商品として登場しました。栽培期間中農薬不使用のコシヒカリを贅沢に使って、滋賀県野洲市にある図司穀粉という製粉業者さんに超微細粉の加工をお願いしました。これまでに何度か米粉の製造ができないかと試行錯誤しておりましたが、家庭用の米粉製造機では作る事ができないほどキメ細かい粉にしていただきました。これにより従来の米粉よりも用途が広がり、水分との親和性が高まったので料理やお菓子に米粉を使用した時の少しザラッとした舌ざわりも無くなりました。本当に薄力の小麦粉と同じように使えて、お好み焼きは小麦粉よりもっちりとして重くない味になります。より強力の米粉やグルテンなどを加えると問題なくパンを焼くこともできます。円安とウクライナ情勢により輸入小麦粉が高騰していますので、国産の米粉の追い風になって少しでもグルテンフリーの米粉が日本人に根付くよう願っております。小麦粉の代わりに!と言いますが、むしろ小麦粉よりも美味しく、そして消化も良くて健康的です。

榮米米粉
榮米だより VOL.322.22.4.24

2022年5月18日

例年通り、春の訪れとともに今年も米作りがスタートいたしました!

まず苗を育てるための箱に種まきをしていき、田植えができるようになるまでこの箱で育成します。箱は田植え機にセットするための大きさになっており、この箱に流れ作業で土と種を敷き詰め、加湿器のついた育苗機に発根・発芽するまで入れて育てていきます。

稲の種まき

稲も生き物なので、この芽が出る時がとても繊細で注意が必要になり、温度や湿度の管理が大事なのでちゃんと芽が出た姿を見るとほっとします。

育苗機で芽が出たら、ビニールハウスに箱を移して栽培を続けるという流れなのですが、生まれたてには白かった苗が日光に当たったとたんに青々とした緑に変わっていき、ビニールハウスの中は一面に緑の絨毯を敷いたような姿になります。苗の育ち具合がまばらにならないように、全体に水がいきわたるように朝晩の水やりをして、田植えまでの時間を大切に育てています。

ビニールハウス内の温度管理も大事で、4月ということもあってまだまだ肌寒い日や初夏のように暑い日もあり、寒いと葉が黄色く、高温になると白くなってしまうなどの症状が出て最悪枯れてしまいますので、ハウス内の風通しの調節などで温度を適温に保って環境を整えてやります。

令和4年産稲の苗

この後田植えをするために、田んぼの草刈りや水を張るための準備、耕したりといったこともしながら、この苗の管理をしなければならないのであわただしい中ですが、苗がしっかり育っておいしいお米を実らせてくれるためには苗が健康に育ってくれることが一番ですので、最優先で注意しながら作業しています。

4月末のゴールデンウィークより田植えが始まり、ここで育てた苗が各田んぼに旅立っていきますので、秋においしい榮米を収穫するための良いスタートを切って育成していきたいと思います。 冬を越え暖かい日が多くなり、草木の緑も濃くなってまいりました。これから強敵の雑草との戦いが始まりますので、負けないようにがんばりたいと思います。

榮米だより VOL.321.22.3.27

2022年4月18日

だんだんと冬の寒さもやわらぎ春の日差しがあたたかい季節となってまいりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

厳しかった冬を越えあたたかくなると同時に緑の植物たちはいっせいに葉を伸ばし、春の花が咲き始めてきています。

去年秋に種まきをした小麦も季節の変化とともに一気に大きくなってまいりました。この小麦の種まきには、去年購入したばかりの新しいトラクターを使用しており、その効果がさっそく出てまいりました。

令和4年産小麦

新しく購入したトラクターは、いままでより大型で馬力のあるものになっているので、車体重量が重くパワーもあるため、種を蒔く際の横ブレなどが重みで抑えられた上、力が強いので安定して種を蒔くことができました。結果として、今現在農協の職員さんなどにほめられるほど一面きれいに麦が育っており、緑色の葉が伸びてきました。

今年は冬が一段と寒かったため、麦の生育が心配ではありましたが無事に乗り越えてきてくれました。6月後半に収穫時期となり、気温の上昇とともにこれから一気に背が伸びてきますので、このまま良い麦が収穫できるようがんばりたいと思います。

そして、米作りのシーズンがやってまいりました!3月末の現在種まきをする直前といったところで、種もみを水に浸し、水分を吸収させています。3~4日ほど水を吸わせたあと、ぬるま湯程度まで水温を上げて一晩ほど経つと種もみの芽がふくらんできて発芽を開始します。米作りのスタートの合図といえる時ですので、毎年期待と緊張がまざりドキドキしながら迎える瞬間です。

種もみの浸水

 また、田植えが終わってしまえばあとは大災害がない限り稲が全滅するということはそんなにありませんが、この苗づくりに関してはやり方を間違えると本当に全滅がありえますので適切な管理がとても大事な作業です。米という字は八十八と書き多くの手間をかけ作ると言われますが、ここから始まる今年の米作りも一つ一つ進めて、おいしいお米の収穫に向けて気合をいれて頑張っていきたいと思います。

榮米だより VOL.320.22.2.27

2022年3月18日

 今年は厳しい寒さの冬となり、滋賀でも雪の降る日が多くなっておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 春が少しずつ近づいてきた中ですが、田んぼに稲を植えるまでに田んぼの整備などを行っております。田んぼの中にトラクターなどを入れるときに入口となるスロープを作ったり、田んぼの枠となる畦を作り直したりといった重機を使った大掛かりな作業など、稲の栽培中にはできない作業も多くありますので、冬の間に進めています。

重機での田んぼ改修作業

特に近年、複数の田んぼを一枚にまとめ作業の効率化を進めるといった事をできるところから行っています。昔からの田んぼは、江戸時代から続く日本の農業の知恵で、河川の氾濫や土砂崩れなどが起こった時に全滅を避けるため農家一軒あたりの田んぼを細かく分割し、一か所にまとめないことでリスクを分散していたそうです。そういった時代には良い制度で、昔は人手も多かったので管理できていたのですが、高齢化によって農業を続けていける農家もどんどん減っており、またトラクターやコンバインといった機械を使用する農業が一般的となった現在では小分けになった田んぼでは手間が増えてしまうために時代にあった作業しやすい形に直していっています。

また、まとめて一つにした田んぼは元の田んぼの微妙な高さのズレが残りますので、去年導入したレーザーレベラーという機械で高低差をなくし、平らにしていきます。田んぼの角にレーザーの発信機を置き、トラクターの後部についたセンサーがきっちり水平になるように土を均す機械を制御してくれます。高価な作業機ですが、土の高さがまばらになってしまうと稲を植えた後の水の深さが変わり稲の成長がばらついてしまうため、品質のそろった良いお米を作るために大切な作業です。きれいになった田んぼでの今年の田植えがいまから楽しみです。 他にも稲の種子の選別や稲の苗を育てるビニールハウスの整備など、春に向けて準備が始まっています。寒さがきびしい中ではありますが、春に咲く花は少しずつつぼみをつけ始めていて、季節の変わり目を感じているようですのでみなさまも寒さに負けずお過ごしください。

レーザーレベラー
榮米だより VOL.319.22.1.30

2022年2月8日

 今年は例年よりも寒く雪がちらつく日も多くなっておりますが、みなさま体調など崩されておりませんでしようか。榮農場のある栗東周辺では普段はあまり積もらない地域なのですが、今年はしっかり雪が積もり道路が大渋滞を起こす日も出ております。

 この寒さは天候に直接影響を受ける農作物にしっかり現れていて、昨年11月に種を蒔いた麦の葉先が変色して縮れてしまってきました。現在の元旦の前後は七十二候で「雪下出麦」といい、雪の下で麦が芽を出すといわれている通り寒さには強い植物ですが、そんな麦にもこの寒さはこたえるようです。

葉先が縮れた麦

 まだ枯れるほどではないので、今後少しずつ暖かくなっていく中で回復していってくれればと思います。

 さて、そんな寒い中ではありますが、今年の米作りの計画や準備などを現在進めており、どこにどの品種をどれくらい植えるなどといった作戦を練っています。それを元に3月末から始める種まきの種子の準備や種を蒔く順番などを決めていき、田植えという流れで進めていきます。

 今年の米作りで懸念しているのが先日トンガでの大噴火があり、その吹きあがった火山灰などの影響から冷夏になる可能性があるといわれております。1993年に冷夏による大凶作がありタイ米を輸入して販売される事などがありましたが、その原因が91年のフィリピンでの噴火といわれており、今回のトンガでの噴火も気を付けていかなければいけないかなと思っております。現状フィリピンでの噴火よりも規模は小さいようなので影響は少ないとの予測ですが、それがなくても年々不安定な気候が続いている状況がありますので、柔軟に対応ができる計画を立てていきたいと思います。

手書きの田んぼの地図

他にも稲の種まきを始めるまでの冬の間に、トラクターで土を耕して去年の稲の残った株や根の分解を促進させることで地力をつけたり、育苗ハウスの準備や種子の選別など、米作りの始まりまでに作業がいろいろありますので、良い稲を作るための準備をしていきたいと思います。 2月に入りまだまだ寒い日が続きますが、寒いからこそ暖かい食事がよりおいしく感じられるかと思いますので、これからもおいしい榮米をお届けできるようがんばりたいと思います。

榮米だより VOL.318.21.12.26

2022年1月8日

 2021年は新型コロナ感染症も紆余曲折あり苦しい時もありましたがそれを乗り越え、なんとか収束の希望も見え始めてまいりましたが、皆様お元気でお過ごしでしたでしょうか?

 農業を取り巻く話題の中で、近年SDGsやサステナブルといった言葉をよく聞くようになりました。世間の環境問題への意識がより一層強まってきている中で、自然の持つ力を分けていただいている仕事なので自然環境の保全など、農業の果たす役割はますます大きくなっていると感じています。SDGsの掲げている17の目標のうち、2番目に「飢餓を終わらせ、食糧安全保障及び栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進する」と農業は名指しで目標に掲げられていますので、農業に関わる一端として榮農場も目標の達成に向けて役割を果たしていかなければいけないと思わされる一年となりました。

 また日本は本当に水田が多く、こんなに山奥にも田んぼが!と驚くこともあったりするのですが、こうした田んぼ一つ一つが小さなダムの役割をしており、大雨の際は雨水を貯め込んで川に急激に水を流さず土地を守る役割をしてくれていたりします。今年も静岡で大規模な土砂崩れがあったように、近年は毎年のように豪雨による土砂崩れや浸水などの災害がニュースで流れておりますので、田んぼの貯水機能は重要性を増していると感じています。しかし現在すでに高齢化によって稲作を続けられなくなり放棄状態となってしまっている田んぼが増えており、こうした田んぼを守っていく事も専業で農業をやっている者として続けていかなければいけないなと思っております。

12月の大豆刈り

 昨年に引き続き、2021年もコロナ禍によってなにかと制限されることが多い一年でしたね。まだまだ予断を許さない状況ですが、次第にコロナを始めとする感染症との付き合い方を社会全体が見つけ始めているのかなと思います。皆様におかれましては何卒ご自愛いただきながら、良き新年をお迎えくださいますようお祈り申し上げます。2022年も榮米、榮農場をどうぞよろしくお願いいたします。

榮米だより VOL.317.21.11.28

2021年12月3日

 冬の冷たく澄んだ空気を感じられるようになり、今年もあと少しとなりましたが、みなさまお元気でお過ごしでしょうか?

 12月に収穫期を迎える大豆も実が熟して葉が枯れ落ち、収穫を待つのみといった姿になっております。今年は台風などの影響が少なく、鈴なりのとても良い大豆ができました。ここから収穫まで、強風に当たって地面に落ちないよう祈りながら、房の中でしっかり乾燥して硬くなるのをもう少し待ってから大豆のコンバインで収穫します。コンバインの中を大豆が動く時にジャランジャランという音が鳴るのですが、この音を聴くとああ冬が来たんだなと改めて気づかされます。

刈り取り前の大豆

 冬の榮農場の音といえば、もう一つ代表的なものが餅つきの音です。餅つき機のドスンドスンという一定のリズムで鳴る音は、ほとんど冬にしか聞こえません。気温が下がって空気が乾燥してから、榮農場の餅つきが始まります。気温が暖かいままに餅つきをすると餅の乾燥にかかる時間が長くなり、痛むのが早くなってしまうのです。今年も自分たちでこだわって栽培した滋賀羽二重糯を使って、皆様に美味しいお餅をお届けできるようこれから年末まで頑張っていきたいと思います。

榮もち

 例年11月から12月初頭にかけては、秋の収穫祭のような地域のイベントや食に関する催し物などがありまして、お米やお餅などを対面で販売させていただく機会がありました。農業をしている中で、お客様と直接交流できる数少ない機会だったのですが、去年と今年はコロナ禍の影響でそのイベント自体の開催ができなくなっており、寂しい思いをしております。人と人との接触をできるだけ少なくしなければならないということは重々承知しておりますが、コミュニケーションの機会が減ることで心の距離も離れてしまっては、温もりのない世の中になってしまわないかと心配しています。コロナの脅威から解放され、また皆様と身も心も近い距離で接することができる日を待ち望んでいるところです。 日を追うごとに寒くなり、今年の冬は例年より厳しくなるとの噂も聞こえますので、皆様におかれましては何卒ご自愛いただきますようお願い申し上げます。

榮米だより VOL.316.21.10.31

2021年11月3日

 今年もおかげさまで、無事すべての稲刈りが終了いたしました!梅雨に入るのが早くて長かったことやお盆の時期の長雨など、お米の出来の心配もありましたが、後半は持ち直してくれたようで大きなダメージはなく収穫を終えることができました。10月半ばからぐっと気温が下がり、秋らしくなってまいりましたので、秋の味覚とともに新米の榮米をご賞味いただき、楽しんでいただければ幸いです。

 さて、稲刈りが終わった直後ですが、もうすでに来年の米作りに向けた作業も動き出しています。今年の米作りで何が良かった?何が悪かった?こんな時にこうすれば良いなど、今年の経験を次年度に活かす事が大事ですので、情報をスタッフで共有しながら来年度どうすればいいかなどを考えております。

サブソイラ

 その一つが水はけの悪い田んぼの改善ですが、サブソイラというトラクターの後ろにつける作業機を使い、普段は表層の10~15cm程しか耕したりしないのですが、この作業では約50cm程下まで引っ掻いてわざと地盤を傷つけることで田んぼに水がたまりすぎないように修正しています。特に転作を行う田んぼは小麦が湿気を嫌うため念入りに施しました。重く力のいるこの作業を新しい大型トラクターはスイスイとこなしてくれました。何とも頼もしい限りです。

精米機

 さて、新米の出荷で精米機もフル稼働となっていますが、長年仕事をしてくれている精米機のお米の通り道の部品が米との摩擦で穴が開いてしまい、修理をしておりました。雨垂れ石を穿つといいますが、頑丈な鉄板にも穴をあけるほど精米をしていたという事とともに、それだけのご注文をいただいているんだなと改めて思いました。また、穴の開いた部分とは別に中の大きなベアリングから異音がしており、それも同時に交換いたしました。榮農場のスタッフのみでベアリングの交換をしたと言うと精米機の販売・設置をしている本業の機械屋さんに驚かれるほど大変な作業ではありましたが、このおかげで精米時の動きがよくなり、米のツヤがより良く出るようになりましたので、いっそうおいしく召し上がっていただけるのではないかと思います。 秋も深まり、だんだん寒くなってまいりましたので、皆様お体にはお気をつけてお過ごしください。

榮米だより VOL.315.21.9.26

2021年10月3日

 食欲の秋となり食べ物がおいしい季節となってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

令和3年稲刈り

榮農場ではもちろん稲刈りのシーズン真っ盛りでお米の収穫作業に追われております。この時期はどうしても秋雨前線や台風の影響などもあり、天気予報とにらめっこの毎日ですが、収穫適期を逃すことなく迅速に刈り取りと乾燥調製を行うためにコンバインのメンテナンスと施設の増強を進めてまいりました。

すべてはおいしいお米を皆様にお届けするために!!新米をどうぞご賞味ください!!

ドローンでの農薬散布

 稲刈りと並行して、6月に種まきをした大豆の栽培も行っております。大豆は全量農協へ出荷しており、そのためには農協の栽培方針に沿って育成をする必要があるのですが、その一つに防虫のための農薬散布があります。本来は無人ヘリコプターで大規模かつ一斉に薬剤をまいている地域がほとんどで、細かい散布の制御ができないことから散布の日には外に洗濯物を干さないでくださいなどの回覧板が回されたりしたものですが、最近はドローンの登場によって徐々こちらが多くなってまいりました。ドローンでの散布作業では格段に薬剤をまく範囲を絞れ、当榮農場のある栗東市のような住宅の多い地域でも活躍し、また散布する量のムラが少なく均一にまけるため、効果をしっかり出しながら農薬の使用量も少なく済みいいことづくし、といったところです。もとより榮農場では大豆や小麦の農薬散布に高圧ポンプと手持ちのスプレーを用いた昔ながらのスタイルでこれまでかなしてまいりましたが、新しい技術の確実性や省力化具合に唸らされました。今回はメーカーからお貸しいただいて試験的に使用し、今後の導入を検討したいとは思いますが無人ヘリコプターの比ではないとはいえ、お米の栽培では使用しない点と導入のコスト、免許制度という様々なハードルに悩まされるこの頃です。より良い農作物を作り、地域の農業を守り続けていく為にも必要なモノのかどうかをしっかりと見極めてまいりたいと思います。 まだまだコロナ禍は尾を引いておりますが、皆様におかれましては引き続き感染対策にご留意いただき、健やかにお過ごしくださりますよう、お祈り申し上げます。

A.M.Aファミリーズ榮農場 滋賀県栗東市蜂屋720-2 電話番号:077-552-0353 FAX番号:077-552-0387